『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

自分がたり

先日の「クリエイティビティ」の記事に引き続き、今日も同じテーマについて。広告でもデザインでも、文章でもブログでも、よく「なんでこんな発想ができるんだろう?」と思ってしまうくらいクリエイティビティをもったものに出会います。アイデア、発想の豊かさ、視点や切り

海外に行く、旅行をする、留学をする…そういう経験を通して、人は成長することがあります。つまりは異文化を知って、異文化と触れ合って、人は成長するわけです。そういう経験はとっても貴重で、普段とは違うコミュニティで、それまでに知らなかった価値観に出合うことって

『楽しく、気持ち良く、適当に。』このブログのタイトルでもあるこの言葉、ブログ用に考えたわけじゃなくて、これがぼくの座右の銘、というか日々すごしていく上でいつも大事にしている考え方なんです。もともとは中学生のころだったか、レイモンド・チャンドラーの有名なセ

5年間にわたって続けてきたアメブロから引っ越しました。ちょうど先日リニューアルしたばかりだったし、サイバーエージェントで働いている知り合いも何人かいるから、義理とか仁義の部分で迷ってはいたんです。でも、えいやっ!と決めちゃいました。「就活」をメインコンテン

ぼくはそこそこ本を読んできたほうだと思っていて、特に中高大学生くらいの10年間は読んでたんです。どちらかというと自分の興味というよりも、とりあえず「教養を!」なんていう頭でっかち状態で、いわゆる有名な本ばっかり。ドストエフスキーに芥川、ヘッセやスタンダール

Facebookを見ていると、知り合いが「健康のためにスポーツ」をしてるんですよね。学生時代からやっていたテニスだったりバスケだったりもするし、「30歳を過ぎたし、ジョギング始めたよ」ということもあります。で、そんな彼らには少なからず「健康のために身体を動かす」み

簡単に、プロフィールというか自己紹介というか経歴的なものを。=============みつしろゆうと大卒求人倍率が1倍を切った就職氷河期まっただ中に入社したのが当時140人の人材コンサルティングの会社。求人広告をメインに、人材紹介・派遣、教育・評価コンサルの営業として2年

↑このページのトップヘ