『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

自分がたり

ちょっと就活ネタが続いたので、小休止。今年も各地でロックフェスが開催されるわけですが、日本を代表するロックフェスのひとつが、サマソニ。サマーソニック。もう今年で17回目。ぼくは猿基地をはじめるまで、初回からずっと行っていたのだけれど、初回のサマソニってすご
『初回のサマソニはいろいろあったなぁ。2000年の思い出。』の画像

おととい、いつもどおりにシャワーを浴びながら考えごとをしてたとき。「あ~! そうだっだのか~そういうことね~! これだよこれ。これだわ……」と思いついたことがありまして、ちょっとスッキリしております。というのも、自分の肩書の話。それこそぼくが7年半前に猿基
『「肩書」を決めると、自分のミッションと強みと欲求がリンクする。』の画像

先日、串カツ屋さんをやったばっかりですが、また来週末にやります。まほロバにて。18日の金曜日は、『シュミトーーク』。こっちは学生店長しげたのお手伝い。店名からもお察しのとおり、いろんな人たちのいろんな趣味を知りたい。無趣味店長しげたがお送りする、そんな『シ
『来週末は、まほロバで2日連続やりますよ~。』の画像

「なかなか…人生うまくいかないもんですね~」って、卒業生が言っていたのだけれど、ぜんぜん良いじゃん。「人生万事がうまくいって、何が楽しいのよ?」と思うんです。うまくいかないことがちょいちょいあるほうが、楽しいはずなんです。だってですよ?唸るほどのお金があ

世の中には、いろんなライフハックがあります。仕事を効率化するライフハック。生活でちょっとラクをするライフハック。PCの使い方のライフハック。「わあ、便利~♪」なライフハック。いろんなライフハックが溢れていますが、やっぱりぼくはいちばんのライフハックはこれじ

ドラッカー先生は言います。成果をあげる者は(中略)時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする。次に時間を管理すべく、時間に対する非生産的な要求を退ける。そして最後にそうして得られた自由になる時間を大きくまとめる。したがって、時間を記録する
『ドラッカー先生の教え 「汝の時間を知れ」』の画像

知り合いがフェレットを飼っていまして、名前を「だしまき」と言います。1歳4ヶ月の幼女。ただ、彼女はまだ外に出たことがありません。散歩用のリードが大嫌いで、付けようとするとイヤがって噛んでくるし、むりやり装着してもなぜだかスルリと抜けでちゃう。だからまだ、外
『幼女とおさんぽ。』の画像

会話に苦手意識がある人って、ちょこちょこいると思います。猿基地に来る学生たちも、だいたいは普通に会話を楽しんでくれているのだけれど、そのうちの男人か、会話に苦手意識があったり、「会話がヘタで……」と思っている人がいたりします。特に男性陣にはそういう人が比

人はなにかと比べたがる。 身長がいくつだとか、持ってる遊戯王カードの枚数だとか、友だちの数だとかなんだとか。小さいころのそんな比べっこならかわいいものだけれど、それは大人になってもまだ続きます。年収がいくらだとか、今までに付き合った人の数だとか、人脈だと
『ライバルは、誰だろう?』の画像

木村拓哉のタイムリープ説が注目されて、まさかの本人がラジオで否定するまでになり、さらにはYahoo!のトップニュースにまでなってました。 この動画、好き。自分が実際にタイムリープしたいかどうかというと、そこは意見が分かれそう。ただ、もし失敗したシチュエーション
『1日1回、タイムリープしよう。』の画像

ぼくはあんまり「悩む」ということがなくて、悩んじゃう人がなんで悩むのか、自分があんまり悩まないのってなんでなのかを考えていて、ちょっと思いついたので書いてみますね。ただ、自分でもまだまとまりきってなくて、ちょっと伝わりにくいかもしれないので、あんまりしっ

情報はそのまま持っているだけだと、ただの「情報」です。ただ、同じ「情報」であっても、その使い方によって「価値」を生み出せる。そうやって情報を価値化する方法はいくらでもあるのだけれど、いちばん使いやすいのは「タイミング」なんじゃないかと思います。たとえば小

ええとですね。最近ブログもちょこちょことアクセス数が増えてきて、「やっと動き出してきたのかな~」と考えたりもしていますが、実際のところ、どうでしょう……?ここ数日はけっこう就活系の記事を多めに更新してきましたが、実際のところ「もっとこんな内容で書いてよ」

ちょうど皿を洗っているときに考えていたのですが、ぼくにとっては皿洗いもゲームでした。つまり、1枚あたりをどれだけ早く洗うか。最近のぼくは、ドラッカー先生の教えに習って、毎日の作業の時間をはかっています。iPadに専用のアプリを入れて、日々の作業について「だいた

『就活ゲーム』を機にKindleを使い始める人がちょこちょこいて、少なからず電子書籍の普及に貢献できてるなぁ、と感じたりします。学生の中にも「Kindle端末もってないし……」と、iPhoneやiPadでもKindleが読めることを知らない人がいたり、せっかく学生なのにamazonスチュ
『卒論・レポート書くときにも、Kindle使えば超便利。』の画像

なんだかね、世の中的に「トップ・オブ・トップ」が理想だと思われてる気がするのですが、違うと思うんです。サッカーするならセリエAのトップチームでレギュラーを、とか、勉強するならやっぱり東大でしょうよ、とか、お金のことならとりあえず年収2000万円が、とかそういう

ブログをlivedoorに移行してから、「みつしろはこうやっていろいろ書いてくれるほうがおもろい」と言ってくれる人がいて、うれしいです。個人的にも、そりゃ就活のことは5年も書いてきたし、それ以前にもう20年近く携わってきたわけで、「もう、そろそろいいかな…」的な感覚

さっき「今年最後の更新」をしたつもりだったけれど、「やっぱり最後にアレはないなぁ」と思って、もう1本。とはいえ、自分の話ではなくて、ボートの話。先の記事にも書いたように、今日はボートレースの女子賞金王を決めるクイーンズクライマックスの最終日。今日が年間の賞

ぼくには「心の師匠」が2人います。「心の」と言っているのは、別に直接会ったことがあるわけではななくて、ただ自分が知っている彼らの情報から「理想」を教えてくれる人。だから、「心の」師匠。とは言っても、1人は故人もう1人は存命だけれど、今の彼が心の師匠、というよ
『ぼくの人生を変えた「心の師匠」の話。』の画像

「コンセプト」について、就活ゲームでも“CCP”といって何度も書いているのだけれど、コンセプトが重要なのって、何も就活だけじゃありません。何かイベントをするときも、ブログを書くのにも、仕事だって料理だって、何なら恋愛や人生においてさえ、コンセプトの有無で、「

↑このページのトップヘ