『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

猿基地

このところブログを更新できておらず、ごめんなさい。月末に控えた焼酎イベントの準備でせっせと制作物をつくっていたり、会議や会場視察やらちょこちょこ作業が立て込んでおりまして、近いうちにまたしっかり再開していくつもりです。さてさて、表題。時の流れは早いもので

今月末の焼酎イベントに向けて、ちょろちょろと準備をしているわけですが、猿基地に新しい焼酎が入荷しました。先日の鹿児島・宮崎遠征では7蔵にお邪魔して、た~っくさんのお話を伺ってきたわけですが、一方で蔵訪問したからこそ入手できたのが、そんじょそこらの酒屋さんで
『秘蔵の焼酎が入荷しておりますよ~っと。』の画像

昨日の記事にも書きましたが、ちょいと学生を集めて楽しいことをやろうと思います。というのも、まずは何より今年の学生たちに「ヤリ捨て」候補がいなさそうなこと。例年、就活を終えてテストが終わり、夏休みに入ると、その年の就活生の半分くらいがパタリといなくなっちゃ

ぼくは普段からあんまり「べき」とは言わないようにしているのだけれど。これは立命生なら知っておくべき知識であり、教養です。本当に。ってか、これって立命館大学はもっと学生に周知すべき歴史的事実であり、いまの立命生で知っている人がほとんどいないというのは、「な

「“価値観の幅”とか言ってるくせに」とか、「ぜんぜんグローバル感覚が足りない」とか、「そんなので、何が飲食店だよ」とか、「サービス精神のカケラもない」とか、「むしろ傲慢な考え方じゃないか」とか、「そんなんで日本は観光立国になりうるか」とか、「東京オリンピ

蔵元が毎年あたらしい挑戦を繰り広げる、夏焼酎が入ってきて早1ヶ月。お客さんからの反応も上々で、今年は夏の赤鹿毛が一歩抜きん出ている感があります。「夏焼酎」と言いつつ、毎年梅雨明けくらいの時期になるとなくなっちゃっていたりして、「夏が来たのに、もうないんか~
『今年もやるぞ、京都の焼酎イベント!!』の画像

焼酎が新しい時代を迎えつつある。ついに萌芽の状態から、花開きつつある気がしてます。過去の焼酎ブームとはまた違う。というか、「ブーム」というよりも、しっかりと浸透しながら広がっていくような。雰囲気に踊らされるんじゃなくて、飲み手が焼酎を自分なりに愉しみなが
『焼酎が来るぞ。』の画像

8月8日ですね。リオ五輪が開催されていて、甲子園も始まってる。イチローがメジャー3000本安打を達成して、天皇のビデオメッセージが公開されました。まさかこの日を迎えるとは、ちょっぴり感慨深い感じです。というのも、いまから8年前。2008年の8月8日。その日は、北京オリ

小さいころから指先が器用なほうで、美術系というか何かを作るのが好きでした。中学生くらいのときは、和家具のカドについてる鉄細工の職人さんになりたいとか、細密画を描くネイルアーティストになりたいと思っていた時期もあって、もしいま子どもの自分に会えたら「そっち
『みつしろくんの手遊び紹介コーナー。』の画像

今日は「役に立つ」ような内容ではなくて、ぼくの基本スタンスの話なので、あまり期待をせずに読んでください。就活相談にかぎらず、基本的なぼくのスタンスは、“I care because you do”でして、それは「来るもの拒まず、去る者追わず」とも近いものがあります。猿基地は、

『信長の野望』というシミュレーションゲームがありまして、ぼくは小学校のときにちょこちょこハマっていました。ファミコンだとかプレステだとかじゃなくて、PC9801で、パソコンで。CD-ROMとかカセットじゃなくて、5インチのフロッピーディスクで。まあ、それはいいとして。
『『信長の野望』と『モンスト』と、串カツ屋の話。』の画像

お~い、3回生のみなさん、就活準備してますか~?なんだか今年はいまだに就活の動きが見えてなくて、むしろぼくのほうが心配になっちゃってます。どうなの? 動いてるの?単にぼくがそういう学生と会っていないだけ……?なんだかどうにも就活生に会っていないので、今年の

さてさて今年も残すところあと2日。クイーンズクライマックスも毎日感動的なドラマが続いていて、いよいよ明日はファイナル戦。今年の賞金女王が決まります。鎌倉涼ちゃんに加えて、川野、平高奈菜と100期が3人。三浦永理が1号艇。これは面白い最終日になること間違いナシ。
『年末年始は、猿基地をみんなのリビングにしちゃってください。』の画像

世界でいちばん学生を焼酎に目覚めさせている猿基地ですが、今回出張営業として鞍馬口のカドヤで、焼酎イベントをやらせてもらうことになりました。あした(8日)!せっかくカドヤにお呼ばれしたので、さすがに「いつもの猿基地をカドヤに持ってきました~」程度じゃ申し訳な
『カドヤコラボ! カド基地 『焼酎ナイト』やります明日。』の画像

猿基地も開業して7年が経ち、多くのお客さんたちが来ては卒業していったり、また来てくれたりと、たくさんの常連さんがおりました。そんな猿基地ですが、実は至るところにいろんな仕掛けをしてあって、もしかしたら常連さんも知らない(というか気にしてない?)んじゃないか
『常連も(たぶん)知らない、ヒミツの猿基地。』の画像

まさか森下くるみの話まで、役に立つとは…(笑)先日の三連休もそうだったのだけれど、猿基地にはちょこちょこ卒業生が帰ってきてくれる。そこで最近の仕事の話をしたり、最近の猿基地の話をしたりするのだけれど、やっぱりうれしいのは彼らが仕事を楽しんでること。そして
『猿基地での酒飲みながらの会話が、社会で役に立ってるらしく、うれしいかぎり。』の画像

たまに「なんでお店をやろうと思ったんですか?」って聞かれるのだけれど、ぼくが猿基地をやっているのは、「自分のお店を持ちたい!」とか「飲食店をやりたい!」という話ではなくて、単に「学生がいろんな“楽しいこと”に出合う場所を作りたい」という欲求でした。前職に

↑このページのトップヘ