『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

いま興味あること

これまでず~っと踏み切れずにいて、どうしよかな~と考えていたのですが、もう決めた。決めました。もうやっちゃいますよったらやっちゃいます。何がって、ボートの話、焼酎の話、あとはもしかしたらエロスの話。このブログは、やっぱりどうにも就活系やビジネス系の記事を
『これからは、毎週「月」曜はぼくの趣味について書くことにします。』の画像

本日2本目、めずらしく。や、ネタがないわけじゃないんです。むしろ、書きたいことはまだまだあります。ただ、毎年この時期になると、「読んでくれてる人は、何を求めてくれてるんだろう……?」ってのが曖昧になっちゃって、どうにもどんなことを書いたらいいのか考えちゃう

今年も夏がやってきました。ボートレースオールスターも予選を終えて、峰竜太や中村桃佳が残念ながら予選突破ならず、一方では準優メンバーには紅一点の小野生奈も名を連ね、さらには篠崎ブラザーズがSGの準優戦で対決をするというワクワクの残り2日間。それはさておき、つい
『今年も来たよ、夏焼酎の季節。』の画像

今日はGWも明けたので、母校立命の滋賀のキャンパス、BKCに行ってきました。目的は、そう。生協に、「『内定力 』入荷してくださ~い♪」っていう、お願い。POPを書店員さんに渡してきました。ので、数日後には立命BKCにもぼくの本が並ぶと思います。というか、ホント大学生
『ついに明日がデビュー戦! 立命生は見逃すな!』の画像

さてさて、今日はいよいよみつしろ人生の第三章となる(かもしれない)書籍の発売日です~。内定力 [単行本]光城 悠人すばる舎2017-04-19関西周辺では、まだ置かれていないみたいなのですが、関東ではどうなんだろう……?それはそれで、むちゃくちゃ売れたいと思っておりま

人は誰でも魔法を使える。といっても、「あの子の笑顔は、幸せを生み出すぼくだけの魔法」みたいな話じゃなくて。その魔法は2種類あって、片方は世の中を良くする「白魔法」。んで、もう一方は、世の中に害悪を与える「黒魔法」。この前の記事で書いた見城さんは、白魔法の使

先日、ぼくと同じように日常的に学生と触れ合っている人と話してました。「最近、1,2回生におもろい子が多いよね」って。そんな感覚はたしかにあって、彼の周辺にいる学生も1回生ががんばっているし、猿基地に来る学生の中でも「おもろいなぁ」と感じたら、だいたい低回生だ

先日、猿基地に外国人のお客さんがきて、お互いにカタコトの英語と日本語で話してました。んで、それなりにいろんな話をして、いや~、おもろいですね~」って話になって。そこで彼らに聞かれたんです。「“おもろい”は、ドウイウ意味デスカ?」って。ぼくももう酔っ払って

ハンサムケンヤ『これくらいで歌う』のMV分析の第3回。(1回目・2回目)歌詞もメロディも、ハンサムケンヤの独特の世界観を表現しているこの曲。それに対応して描かれた、さまざまな「あったかもしれない人生や未来」を映すこのMV。観れば観るほど発見があって、しみじみと沁
『【3】「奇才×奇才」 今こそハンサムケンヤの『これくらいで歌う』を聞こう。(その参)』の画像

『これくらいで歌う』を聞こう、の回。第2弾。(第1弾がこちら)今回は、MVにこれでもかと盛り込まれている小ネタ集。「あそこのあれは、これだったんだ!!」「このシーンに、こんな細工が!?」「これにも意味があったの??」って発見してみよう、という話です。ホント椙
『【2】「奇才×奇才」 今こそハンサムケンヤの『これくらいで歌う』を聞こう。(その弐)』の画像

ブログを始めてこのかた、ずっと書きたいと思っていながらどうにもちゃんと書ききれなかった、ハンサムケンヤの話。小沢健二に人生を変えられ、くるりと同じ時期に立命で大学生活を過ごし(でも、一番好きなのはU2)のぼくが、ひさびさに「これは……!?」と思ったアーティ
『【1】「奇才×奇才」 今こそハンサムケンヤの『これくらいで歌う』を聞こう。(その壱)』の画像

しばらく前から、「マイクロコミュニティ」に興味をもってます。とはいっても、「マイクロコミュニティ」って言葉があるわけじゃなくて、ぼくの造語。何かというと、これからの社会のカギになるのは10人前後の小さいコミュニティじゃないかな、と。というのも、「コミュニテ

さて、10月1日。大学の後期もはじまり、社会人なら後半期に突入。9月決算の会社だったら、ここからが1年のはじまり。3回生の学生は、そろそろ就活も意識する時期ですね。そんな中、ぼくもブログもリスタート。6月の1日にちょっとした転機があり、それが7月に本格化して、その

ここ最近、ふと時計を見ると「44分」のことが多くて、気のせいなのかどうなのか……?この「4」という数字、古来から「死」を連想させるとか、いやいや「幸せ」の「し」だよねとか、不幸の数字だとしたら「四天王」や「4番バッター」はどうやねんって話やないかいとか、レッ
『「4」は不幸か吉兆か。』の画像

妄想ビジネスの種。こんなアプリがあればいいのにの回。2つほど、誰かに作ってほしいアプリがあるのですが、どうでしょう。ひとつは、目覚ましアプリ。というか、アラームアプリ。すごく簡単な仕組みで、早く誰か開発してほしい。というのも、人の声で起こしてくれる目覚まし
『「目覚まし」と「歴史のお勉強」 こんなアプリがあったらいいのにな♪』の画像

「求人倍率と離職率には、なにか相関性はあるのかな?」と思って調べてみたら、ちょっとおもしろい結果になりました。それこそ「7・5・3問題」と言われるように、一般的には3年以内の離職率は、中卒7割、高卒5割、大卒3割と言われています。ただ、もちろんそれは「約○割」と
『就活が厳しい年に入社した人と、ラクな年に入社した人では、離職率に差はあるか? 調べてみたよ。』の画像

「就活までに何をすればいいのかわからなくて……」「やりたいことがまだわからないんです……」という話をしてくれる学生がちょこちょこといたりするのですが、彼らはいろいろ考えたりしているようなのだけれど、そあまりにいろいろ考えすぎて、考えすぎた結果に一念発起し

2年ほど前に、新日本プロレスの社長が言った「すべてのジャンルはマニアが潰す」という発言がちょっと話題になりました。つまりは、もともとのコアなマニアが「そんなのも知らね~のかよ」、「その程度の知識で語ってんじゃね~よ」と、どんどん排他的になって、ビギナーへの
『「すべてのジャンルはマニアが潰す」というけれど、焼酎はそんなことにはならなさそうです。』の画像

ここ3日間で日経ビジネスオンラインで連載されていたこの特集。プレステ生みの親・丸山茂雄が語る迷走の裏側 むちゃくちゃ面白く、興味深く、勉強になりました。かつては世界を席巻して、地球を代表するブランドとして世界中の人たちをワクワクさせてくれたソニーという会社

最近はFacebookや店でも、ブログの反応をくれる人のほとんどが社会人で、かつ今年はそれほど就活生の相談は多くないので、どうにも社会人向けの記事が増えてしまっているというわかりやすいネタ収集をしているみつしろです。さて。「最近の若者は酒を飲まない」とはよく聞く

↑このページのトップヘ