『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

就活系

就活で会社を選ぶときでも、仕事をしていてこれからを考えるときも、ポイントになるのは何だろう? どんな視点で考えればいいんだろう?たとえば、多くの学生は就活で会社を選ぶときに、業界や会社の規模、教育制度や仕事内容やナニやらカニやらを考えたりすると思うのだけ

相談しに来てくれた学生とちょっと話しました。猿基地、二度目のご来店。で。「就活ゲームを読んで、ブログも読んでるけど、内定が出ないんです」と。それで、「第一志望も落ちたし、あしたも面接があるんですけど、もし内定が出たとしてもそんなに行きたい会社じゃありませ

毎年これくらいの時期になると、ちょこちょこと聞く話。それが、「最終までは順調なのに、最後で落ちる」というやつ。しかも、1社2社ではなくて、4社とか5社とかそれ以上。最終とか最終手前で、落ちる。毎年ちょこちょことそういう学生がいたりします。そういう学生に、ぼく
『選考序盤は通るのに、なぜか最終選考でポロポロ落ちちゃう人へ。』の画像

就活ゲームにおける8キャラを決める上で、これまでずっと「3つの特性」の話をしてきました。意識がどちらに向いているかの指向特性(みんなorじぶん)。やり方、物事の進め方の種類による手法特性(りくつorきもち)そして、力が発揮できる条件による環境特性(てきぱきorふ

常にいつでも誰にでも、そうというわけじゃないのですが。キャラって、自分のことがわかるだけじゃなくて、人とのかかわり方も変わってきます。相手のキャラに合わせて伝え方を変えると、相手の反応も引き出しやすいんです。キャラがわかれば、お願いの仕方だって違ってくる

昨日と3日前、就活ゲームの「5つのフェーズ」と、「キャラ設定から必殺技プロセス」の2つの記事を書いていて、今回その両者をまとめた理論について書こうと思っていたのですが、それを書いている間に、なんだか新たに思いつきました。何かというと、「ネオSGモデル」。Kindle
『SGモデルの進化形、「ネオSGモデル」を開発したよ。』の画像

サッカーマンガ『アオアシ』がやっぱり面白い。何がって、このセリフ。僕はいかなる局面でも、どれを選んでも正答となる4つの選択肢を持ち、一つを選ぶサッカーにかぎらず、日常生活のあらゆることでこう考えられるようになったら、どんなに素晴らしいことか……。言い方を変
『「モンスターがあらわれた!」 そんなとき、手持ちのコマンドはいくつある?』の画像

きのう紹介した本、ぼくは今これを読んでいます。起業のリアル [Kindle版]田原 総一朗プレジデント社2014-07-04LINEやユーグレナ、フローレンスやライフネット生命といったベンチャー社長16人に田原さんが質問を投げかける。ぼくはまだ8章までしか読んでいないのだけれど、そ
『「ターニングポイント」までじゃなくても、「スイッチングポイント」はたくさんある。』の画像

Yahoo!のトップニュースでも就活関連のニュースが出てましたね。就活面接6月解禁なのに…「内定」もう5割この記事の後半でも触れられているように、これからの時期は「オワハラ」の話も出てくると思います。「オワハラ」っていうのは、「内定を出すかわりに就活は終わりに

採用の実地に基づいた的確な発言・提言が多い曽和さんですが、今回のこの記事についてはぼくはちょっと異論があります。1次面接で落ちるほうがまだ希望があるのはなぜか要約するとどういうことかというと、曽和さんは、一次面接で落ちるよりも最終面接で落ちるほうが望み薄
『企業は、各選考フェーズで学生の何を見ているのか?』の画像

今年の採用マーケットは本当にハードル下がってますね。そりゃ~もう「え? まじで???」ってくらいに下がってて、もうガバガバのゆるゆる。前にも書いたとおり、女性のほうはちょいと厳しめではあるけれど、ちょっとちゃんとした男子学生なら、「あれ? いいんスか?」

3回生がもう就活のことを気にして、「髪の毛、染めないと」とか「インターンが」って言い始めていてびっくりしちゃいます。それは、タイミングの早さに対するびっくりじゃなくて、その内容について。そもそもの「就活を始める」ということの一歩目が、髪の毛だったりインター
『3回生のみなさんへ「就活病に気をつけろ!」』の画像

【注/今日のブログはタイトルのとおり、品性に欠けた言葉が頻出しますので、ご気分を害される可能性がある方は、こちらからご退出ください。】いきなりなんですが、ぼくのヤリ捨て経験はおそらく100人を超えていて、その人数で言えば日本でもランキングトップクラスじゃない

安定の曽和さん。「学歴フィルター」まだ存在すると思っていますか内容はまったくもって本当に仰るとおりで、ざっくり抜粋すると、「ある」という感覚を持っている学生も少なくないでしょうが、実はその感覚はかなり一面的で、むしろ幻想に近い部分さえあると思います。結果

ひさしぶりの自己PR添削コーナー。学生からもらった自己PRを、気まぐれなタイミングで添削。前回と前々回に続き、第3弾。まず、僧侶の彼からもらったのが、この文章。「まだまだ足りてない!」から、「まだできない新しいこと」に飛び込みたい。新しいことに取り組むことで、

「6月1日まで、あと3週間ちょっと。いよいよ本格スタートが近づいてるなぁ……」って、考えている学生がいるかもしれません。もう1ヶ月後には選考がはじまるから、そろそろドライブかけなきゃな~、って。でもね。それってぜんぜん違います。認識が違う。6月1日は選考スター

猿基地には、毎年の大学卒業のタイミングで、学生たちが色紙を書いてくれるというシキタリがあって、猿基地の天井にはこれまでの卒業生たちの色紙がズラリと並んでいます。たまに新規のお客さんが、小声で「どの色紙も、知らない人ばっかり」とか言っていることがあるのです
『卒業生が書いてくれた色紙、悩みがちな人たちに贈る言葉。』の画像

就活において、というか人生において、自分のキャラを知っておくことは超重要。悩みやすい人や迷いやすい人は、自分のキャラがまだ見えていないだけなんです。キャラって何かというと、自分の欲求や動機の傾向です。どんなときに自分は楽しいと感じて、何に対してストレスを

実際に面接を受けてみて、こう思ったこと、ありません?「あんまり突っ込んで質問をしてもらえなかった」「なんか盛り上がらずに終わっちゃった」「反応が薄くて、ちゃんと伝わったかどうかわからない」だから、「面接は失敗だった」と思っちゃったりしてません?んで、そう

「何か質問はありますか?」面接でもOB訪問でも、こう聞かれて困っちゃう学生もいると思います。んで、「仕事のやりがいは何ですか?」とか「1日のスケジュールを教えてください」とか言っちゃう。前者に関しては「そんなの自分で考えろ」だし、後者は「そんなの毎日同じじゃ

↑このページのトップヘ