『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

就活系

先日書いた「仮説を立てる習慣」の記事の最後で紹介した、佐渡島庸平さんの『ぼくらの仮説が未来をつくる』。これ、すごく良い本でした。ぼくらの仮説が世界をつくる [Kindle版]佐渡島 庸平ダイヤモンド社2015-12-11みんなに読んでほしい。というか、この本はすでにぼくを知

さあ、ゲームを始めましょう。『ドラゴンクエスト』でも『ファイナルファンタジー』でも、なんなら『モンスターハンター』でもいいです。そんなゲームをするときに、プレイヤーは何をしていくか。それって、けっこう就活と似ています。まずですね、最初は「キャラ」を決めま

就活とは「言葉で自分を信用させる活動」である、と。とりあえず、これは大事なことなので何度も書いておきますね。どんなに複雑で、むずかしくて、やることが多そうに見えても、すべての基本はこれだけ。もっと言えば、企業の人たちを「信用させる」ことだけできれば、それ

ひさびさに就活の記事。去年書いたように、ひと言でまとめてしまうと、就活というのは、「言葉で自分を信用させる活動」です。いわゆる「就活」と呼ばれる自己分析もエントリーシートも、業界研究も何もかも、すべてがこの「言葉で自分を信用させる」ための準備であって、そ
『就活をもっとシンプルに!! 「5つのフェーズ」で考えよう。』の画像

武井壮って、世の中ではどんな印象で受け取られているんだろう。ぼくはボートレース以外に、まったくテレビを見られていないので、バラエティ系の昨今のトレンドを知らないのだけれど、武井壮ってホントすごい。さすがにもう、ただのバラエティタレント的なだけではないのか
『武井壮に学ぶ「仕事って何?」 「社会って何?」という話。』の画像

就活なんて、ゲーム感覚でやっちゃえばいいんです。就活にかぎらず、世の中なんて何でもそう。なんかしんどいことがあると「しんどいわ~」ってなってしまう。ちょっとダメなことがあると「なんでだ……」と思い詰めて落ち込んじゃう。そんなことがあったら、とりあえず自分
『社会はゲームで、それは就活も同じこと。』の画像

「就活」って、何だ?と。そう思うわけです。みんな気楽に就活就活と言うけれど、そもそも就活って何なんだろう…?それがわかれば、もうちょっと就活の悩みや不安はなくなるんじゃないかと思うんです。んで、あんまりそのへんを考えてる人が多くないように思うんです。 な

就活相談会を開催して、ちょこちょこと相談してくれる学生が増えてきました。中でもいちばん多いのが、「ぼうけんの書、書こうと思ってるけど、何から書いていいのか…」です。えっとですね、とりあえず「就活のこと」は書かなくていいです。ってか、むしろあんまり就活とは

年初にKindle版『就活ゲーム』を出版しました。あの本の総文字数は、だいたい17万字。一般的に書籍として出す場合、だいたい10~12万字くらいあれば1冊になるらしいので、実はけっこうな文量だったんです、『就活ゲーム』って。まぁだいたい1.5倍くらい。長くてごめんなさい

まあ、OB訪問にかぎった話じゃないんですが、つまりは「なんでぼくらは、オッサンに自慢話をされて終わっちゃうのか」という話です。たとえば学生がOB訪問に行って、センパイの話を聞きにいきます。近くの喫茶店に入って、仕事の話やら社風やら、その人の就活のときの話を聞

就活の界隈でよく話題になる、「好きを仕事にするべきか」という話。これってもちろん、人によっていろんな意見があって、「好きなことほどエネルギーが出るから、すべきだ」「好きなことはあくまでも自分の好み。仕事は別だ」「一番好きなことは仕事にせず、二番目に好きな

基本的に、ぼくはあんまり学生たちを不安にさせたり、煽ったりはしたくないんです。そんなブログ読んでも元気にならないし、そういうのって書いててもあんまり気持ちよくない。だけど、今回だけはあえて煽っておきます。……や、「煽る」というよりも、事実確認という意味を

べつに「不真面目にやろう」ということではありません。「本気でやらんでもえ~やん」ということでもありません。 ただ、あまりにも就活が「深刻なもの」になりすぎちゃってるように思うんです。「就活に失敗して自殺」とか「就活でウツになる」とか、そういうのってホント

「やりたいことがない」って、考えちゃう人がいます。学生生活のことでも、就活を目の前にしたときでも、「自分は何がしたいんだろう」とか「“やりたいこと”なんて言われても、よくわからない」というように。ぼくも学生からそういう話を聞いたりするのだけれど、だいたい
『「やりたいことがわからない」を、ジンバブエ料理の注文から考える。』の画像

さてさてやっと、というか何というか。今年もやることにしました。就活相談会~。毎年、どこかで何かしらやってきました。去年は同志社大学で。おととしとその前は立命館大学で。あとは、『魔法にかかったロバ』では恒例で。参加学生は、関西圏はまだしも名古屋や岐阜、福岡

「前線」を知ってる強み。就活で「志望職種、どうしよう…」と思っている人がいたら、迷わず営業を選びましょう。とりあえず、営業。できるだけ前線を選ぼう。ぼくは前職で、制作職として働いていました。当時、社内のコンテストで誰よりも多く表彰されていたのが、ぼく。マ

若い人はご存知かと思いますが、念のため。世の中には、「意識高い系」と呼ばれる若者たちがいます。ネットでは、1/やたらと学生団体を立ち上げようとする。2/やたらとプロフィールを「盛る」。3/全ては自己アピール、質問が長い。4/ソーシャルメディアで意識の高い発言を

2017年卒の採用活動、始まってます。「3月から始まって、6月か~。短期決戦だな~」とか思っている人は、さすがにいないと思いますが、もう2017年卒の採用活動、始まってます。なので、とりあえずどこでもいいから、面接を受けてみましょう。インターンじゃなくて、選考。説

クルト・レヴィンというおじさんが、人間の行動について、B=f(P,E)であると言いました。稲盛和夫というおじさんは、人生や仕事の成果とは、考え方✕熱意✕能力だと言いました。クルトおじさんが言っているのはつまり、「人間の行動(B)って、個人の特性(P)と環境条件(E)

↑このページのトップヘ