ぼくからの切実なるお願い。
47歳以上の人は、学生に就活の「アドバイス」をしないでください。
んで、学生は47歳以上の人の「アドバイス」に惑わされないでください。

や、もちろん全員が一概にそうだとは言えないし、「かかわんないで」という極端な話でもありません。んで、もちろん47歳以下であっても、的ハズレなアドバイスをする人はいくらでもいます。

ただ、やっぱりこの年齢を境に、学生にとってちゃんと役に立つアドバイスができる人は断然に少なくなるんです。ぼくの偏見と思ってもらってもいいけれど、やっぱりぼくは学生たちには伝えておきたい。
学生から「キャリアオフィスの人からこんなことを言われたんですけど」って聞く、的ハズレ極まりない、どころか完全に間違った方向に仕向けてんじゃないかというくらいにど~でもいい「アドバイス」らしきものをする人たちは、大概がその年齢を超えてる人たちなんです。

もう、そのライン以上の人たちって、完全に昭和の人で、バブル期の人で、隔世どころか次元が違うってくらいに、いまの学生たちとは価値観も仕事に対するスタンスも違う。その上、なんやかやと若い人たちに上からものを言いたがる。んで、その割にほとんど勉強していない。

だからぼくは、47歳以上の人は、学生に就活の「アドバイス」をしないでほしいし、学生は47歳以上の人の「アドバイス」に惑わされないでほしい、と切実に思っているわけです。

んで、おそらくみなさんの親御さんもその年代の人は多いと思います。
就活にあたって放任してくれる親御さんもいるでしょうし、逆にどんどん干渉してくる人もいると思います。
前者であればいいんですけど、後者の場合ってけっこう面倒くさくありません?

そういう場合、そんな親御さんに投げかけてみてほしいんです。
親御さん以外でも、就活で変なアドバイスをしてくるおっさんたちに。
以下は、「こんな基本的な社会の情勢も知らないで、就活や仕事の話に口出ししてくんじゃね~ですよ」を図るための5つの質問。

「世界の企業の時価総額トップ5って、どこだっけ?」
「アリババって、どんなビジネスをしてるどこの国の会社だっけ?」
「シンギュラリティに到達したら、どんな仕事がなくなると思う?」
「イーロン・マスクのメーカーって、なんて名前だっけ?」
「フィンテックは、どんな分野で導入していったらいいのかなぁ?」

どれも、普通に社会の変化に目を向けてたら普通に会話が成り立つはずの話題です。
一応書いておくと、時価総額トップ5は「アップル、アマゾン、アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、テンセント」です(が、まあフェイスブックも正解としてもいいかも)。アリババは、BtoBのネット商取引。シンギュラリティはAIの話だし、イーロン・マスクのメーカーはテスラかスペースX。フィンテックはもちろん金融だけれど、その中でどこにどのレベルで導入するかもポイントです。

で、最低限これくらいを知らずに「銀行や公務員が安定してて」とか「やっぱり大手に」と無思考の不勉強で言う大人の話は、本っっっ当に聞かなくていいです。
それこそ一方で、人事や採用系でまともな発言をしている人って、ほとんどが46歳以下ばかり。曽和さん(46)にサイバーの曽山さん(43)、城繁幸(44)に、ソフトバンクの源田さん(44)や渡辺正裕(46)と、そんな感じ。


47歳以上の人に頼るのは、絶対的にただただメンタルが不安定なとき。
47歳以上の人ができることは、ただただ学生たちの不安を受け止めてあげて、彼らを信じてあげて、理解を示して、ときに激励してあげること。
アラフィフを越えて、学生たちに何かしらでかかわるのであれば、それこそが一番だいじなこと。「アドバイス」なんて要らないんです。っつ~か、できないものと自覚しておいてほしいんです。


と、ここで終わってもいいんですが、せっかくこの話題になったので、もうちょっと。
他にもたとえば、「大手◯◯会社で人事の責任者を◯年間の経歴」みたいな人も、ちょっと気をつけたほうがいいです。

だって、そういう人が知っているのは、あくまでも「その会社」の「その時期」の採用だけ、ってことが多いから。その人の言うことは、広い広い社会の中の「その会社」もしくはギリギリ「その業界」での話。
普通に考えてみて、百貨店業界一筋の人が、電機メーカーの採用をどれだけ知っているんだろう。逆に大手だろうが何年やっていようが、食品メーカーの人がネットベンチャーについての採用や就活のアドバイスってできそう?

そういう意味で、ぼくは基本的には最低でも「4業界・10職種・20社」くらいのことは知っている人くらいじゃないと、バランスのいいアドバイスってできないと思うんですよね。できればその倍どころか「15業界・30職種・100社」くらいは知っている人のほうが、まだ信用しやすい気がします。ま、もちろん知識が多けりゃいいってもんでもないですが。


とにかく学生のみなさんにおきましては、大人のアドバイスに対しては、変に振り回されることなく、怪しいおっさんとは距離を置き、誰でも彼でも信用しすぎずに、それでいて楽しく有意義な就活をしていってほしいな~と思っています。

的ハズレなアドバイスで変な方向に迷っちゃう学生が減りますよ~に!!
んで、もし親御さんが面倒くさい感じだったら、そこから抜け出せますよ~に!!