作業の合間にYouTubeを見ることがあるんですが、今年に入ったくらいから気になっているのが、岡部将和さんという「ドリブルデザイナー」という仕事をしている人。

サッカーやフットサルのドリブルに特化して、その理論やテクニックをプロ選手に教えていて、それこそ日本代表の乾選手や原口選手とかも岡部さんから教わっているみたい。んで、その動画を見ていて思うのは、選手がすごい楽しそうなんですよね。
彼らだってプロなんだけれど、岡部さんからドリブルのコツを教わったり、足の運び方やボールタッチや間合いのとり方なんかを教えてもらっていて、そのときの彼らの表情や反応がとっても楽しそう。

そんな動画を見ていて思ったのが、「就活ももっとこうなったらいいのにな」ということ。

日本代表のプロサッカー選手は、「もっと上手になりたい」と考えていて、できないことができるようになったり、知らなかったことを知ったり、新しい技術やテクニックをマスターしたりしながら、楽しそう。
みんな「それを知って、できるようになって、もっと上手になりたい」が前提にあるわけです。

そういう意味で、就活でも同じように「上手になりたい」という意識があるといいな、と。

だって、多くの学生たちはそんなことを考えられていなさそう。
せいぜい「書類とおった~」とか「面接うまくいかなかった」とか「ES書けたぞ!」とか、結果ありきで一喜一憂。
しかも、それの何がうまく「できた」からうまくいったのか、何が「できなかった」からうまくいかなかったのか、さらには「どう考えたら」、「次はどんな準備をしたら」うまくいくのか、がわからない……。

そこには「上手の定義」がないし、それこそそもそも上手とか下手という考え方はしていないし、できないと思うんです。

それは当然、ルールがわかっていないし、そこに必要な要素もわからないから。
たとえば、サッカーを単純化すると「ドリブルとパスとシュート」が上手になると、サッカーが上手になります。野球なら、「獲る・打つ・投げる」なのかな? が上手になったら野球が上手になるはずです。
そうした「ルール」があって、「要素」があって、その上で試合のそれぞれの「局面」があって、自分の「反応や動き」がある。この4つの組み合わせがあって、そこで適した対応が上手にできるようになれば、良い選手になれるわけです。

んで、多くの学生たちは「就活が上手になる」という意識はないし、何が上手になれば、ちゃんと結果につながるのかが、わからない。

その点、就活ゲームをやってくれてる人だと、それらがわかりやすい。

それこそ「ルール」はごぞんじ、「言葉で自分を信用させる」こと。
「信用させる」が大前提で、そのために言葉を使って、自分という人間を伝えていくわけです。
その上で、まずは自分がどんな人かがわかっておくと、上手に就活ができやすい。
それはもちろん「キャラ」で、そこからさらに自分の何がわかればいいかというと、SGモデルでいうところの「武器」と「闘い方」を磨いていくというフェーズがある。
そこから次は、自己PRを作るとなれば、「7つの奥義」を上手に使えたらよくて、志望動機だって「闘い方」をまとめりゃいい。それをヒントに社会の情報を得ることで、「パーティ」を見つけて、そこから先の「未来」まで行けたらおっけーです。
んで、それが実際の面接でどこまでできているかを確認しつつ、あとは「対おっさん会話力」を磨いていけばいい。
そしてもちろん、これら全部はすべて「言葉」でやるものだから、その言葉の使い方が上手になればいいわけです。

そうやって、ルールに則って、要素を上手にできるようになって、実際の面接で局面を経験して、自分の反応や動きがどうだったのかを考えれば、そりゃどんどん就活が上手になっていくと思いません?

そしてさらには、この就活ゲームのやり方で就活が上手になれば、その練習方法はそのまんま仕事に応用できちゃう。セリエBからセリエAに行くようなものです。これまでにやってきたことを、より高度にやっていくのみ。その練習はまったくムダにはなりません。

そういう意味で、就活ゲームをやってくれてるみなさんは、「上手になろ~っと♪」くらいの気持ちで、楽しみながら本気で、練習や試合に取り組む感覚で、就活をやってみたらどうかな、そんな感覚でやったら、もっと上達しそうな気がするし、何よりしんどい感は確実に減るよね~、と、岡部さんの動画を見ながら考えていました。

就活ゲームをやっているみなさんが、どんどん上達してそれを楽しめますよ~に!!