昨年末から、ある会社のお手伝いをしています。
そこで求めてくれているものに応えていく中で、これまで考えていなかった部分を言語化する機会がたくさんあって、とても刺戟的な日々を送っております。
お仕事の内容はそれなりにいろいろあるのだけれど、そのうちのひとつが「みつしろの就活アドバイスの汎用化」です。学生向けのアドバイスじゃなくて、学生にアドバイスをする人向けのアドバイス。

それで「よ~しやるぞ~」なんて気合いを入れて考えはじめたところ、図らずもぼくが学生とかかわるときの考え方というか、ここが他の就活系の人との違いかな、という部分に気づけたので、そのへんの話。
とはいえ、ちょっと長くなりそう&要点がふたつなので、前後編に分けます。

まず大前提が
「学生は化ける」
ということ。

それこそ何度か書いてきているように、就活というのはほとんどの学生にとって、初めて社会に向き合って、ある程度本気で考える機会。
それだからこそ、ほんの数ヶ月、場合によっては1日で「化け」たりするわけです。

これってかなり大事な部分なんだけれど、残念なのは、それを企業も就活コンサルと呼ばれる人たちもあまり意識できていないこと。
そりゃもちろん企業にとっては、忙しい採用活動で多くの学生たちを見る中で、一人ひとりの学生たちの「変化」を追うのはむずかしいことだと思います。
だから最近は多くの企業が、ある程度の品質保証された学生たちに集中して、特に「上位校」の奪い合い系の人材ビジネスが活況になっているわけです。
それはそれで仕方がない。

でもですね。
一方で、本当なら「就活」の期間で大きく化ける可能性がある学生たち、つまりはこれからの日本で活躍するであろう学生たちが、そのチャンスを得られていないってのは大げさでも何でもなく日本の損失なわけですね。

だからこそ、いわゆる就活コンサルを自称している人や、キャリアセンターで学生たちの就活相談を受けているような人たちは、そのへんを補完していくべきなんです。文章の添削だとかエピソードの捏造とかマナーがどうこうとか言ってんじゃね~ですよ、と。

つまりは、企業が判断できるように下拵えをしよう、と。
表面的な文章やマナーで整えるんじゃなくて、日々刻一刻と成長していく学生たちの変化のスピードをドーピングしていきましょう、もっとドライブかけてあげましょう、と。
そうすれば学生はいくらでも「化ける」んです。

就活のアドバイスにかかわる人は、まずはこれをしっかり頭に叩き込んでおいてほしい。
学生は、就活で「化ける」。
これがホントにむちゃくちゃ重要。

じゃあ、「化ける」ってどういうことかというと、それはいきなり「超優秀な学生」になるって話じゃありません。狸が葉っぱを頭に乗せ、忍者が巻物を咥えてドロンッ!って、まったく違う姿に変身する、みたいなやつじゃない。
ぼくの言う「化ける」というのは、こういうイメージです。

たとえて言うならこんな感じ。
00
こんな状態の学生が……
01
こうなったり、
02
こうなったり、
03
こうなったりする。

これが、ぼくの「化ける」イメージ。

いきなりすべてが変わるわけじゃない。
急に巨大化するわけでもない。
ただただ、もともと持っている小さな特性を、見つけてちょいちょい刺戟をすることで、その特性を開放させていくというような。それこそが学生たちが就活で「化ける」技法。

だから、学生にアドバイスをする立場にある人は、別に文章添削だマナーだ何だというより、いかに学生を短期間で「化け」させることができるかが大事なポイント。
ありきたりのお手本をコピーさせて型にハメるなんて、なんの意味もありません。

というように、学生は「化ける」という前提に立って、そのためのアプローチをすること。
それが、ぼくの就活相談の考え方。

じゃあ、それをするにはどうするか、ぼくはどんな考え方で学生の「化け」を実現してきたのか、ってことについてはまた次回。

ちゃんとした就活で、しっかり「化ける」学生がどんどん増えますよ~に!!