就活を控えた学生に「いまは何をしとけばいいですか?」と聞かれて、
基本的にぼくは「まずはキャラを決める」のが第一。んで、その上で言葉の練習としての「ぼうけんの書」ってのが、就活の基礎練。体力づくりだと考えています。そのへんは、就活ゲーム10則にあるとおり。

で、もうひとつ、日常的にできるのが「対おっさん会話力」の向上。
これがあるのとないのでは、就活戦闘力に大きな差が生まれます。

ただ、この「対おっさん会話力」。
ぼくとしてもちょっと言葉が足りなかったというか、ちょっと誤解が生まれちゃうというか、想定していた意味合いが充分には伝わりきっていないようにも思うので、今回はその「対おっさん会話力」について補足をしてみます。

というのも、学生に「対おっさん会話力」といったとき、2割くらいの学生(特に女性)から「それならけっこうできてるかも」って反応があったりする。
その多くはバーや飲み屋といった飲食店でアルバイトをしていたり、場合によっては夜の色気のあるお店で働いてる人もいたりします。だからもちろん、そういう学生は飲みの席で話していても反応もいいし、おっさんにも物怖じせずに返したりしてる。

それはそれで大事。
それができるのは素晴らしいこと。

ただ、それだけだとまだ足りないんですね。
「対おっさん会話力」は、両面があるんです。

それなりにこの力が「ある」と考えている学生でも、もう片面を意識しておきたい。
その両面って何かというと、オフェンスとディフェンス

オフェンス的「対おっさん会話力」
ディフェンス的「対おっさん会話力」
この両者を使いこなして、上手に使い分けることが、「対おっさん会話力」の本質。

どういうことかというと、上述の学生たちは、ディフェンスのほうなんですね。
おっさんたちが投げかけてきた言葉、おっさんが持ち出した話題、おっさん発のアプローチ。そういったおっさんからのオフェンスに対して、上手に返すという会話力をもっている。
「なるほど~」、「そうなんですね~たしかに」、「すごいですね~」、「それって〇〇なんですか?」、「なんで〇〇なんですか?」と、その内容やタイミングに合わせて、上手に返す。

それは「対おっさん会話力」のディフェンス力。
いわば、「受け」としての会話力です。

「対おっさん会話力」の使い手としては、そこにオフェンス的思考も組み込んでおきたいところ。

会話におけるオフェンスとは何か。
というと、端的に言ってしまえば、「“自分発”の話題を投げかけること」です。

自分が興味をもっていること、最近疑問を抱いていること。ふと思いついたアイデア、相手が興味をもちそうな分野、相手に聞いてみたいこと。
相手の出方に合わせるんじゃなくて、自分から話題を投げかけられるようになること。それが、「対おっさん会話力」のオフェンス力なわけです。

そりゃ慣れないうちは上手にできるとはかぎりません。
相手に気持ち良く話してもらうには、ディフェンスだけでも大丈夫だから。
ただ、それじゃあ飲み屋の接客。
会話というのは、年齢・立場にかかわらず対等でいいんです。
んで、会話において何よりも大事なのは、「お互いに」楽しく、気持ち良い状態であること。

「こんな話を切り出したら……」
「変な空気になったりしないかな」
「そんなことも知らないと思われちゃう?」
「変に話を切らないほうがいいかも」

って、考えちゃうかもしれません。
でもね、それこそ就活や仕事だって同じです。
あくまでも大前提は、お互いに楽しく気持ち良く会話をすること。
たかだか日常で、ひとりふたりのおっさんとその程度の話ができなかったら、そりゃ就活も仕事もうまいこと進めるのはむずかしそう。

なので、いまのうちに「対おっさん会話力」を磨いておきましょう。
キャラも大事。言葉の練習も大事。
だけど、その2つはゆ~ても短期間でどうにかできる可能性が高い。(もちろん地道に時間をかけたほうがもっといいのは言うまでもなく)
一方で「対おっさん会話力」は、一朝一夕に身につけるのは本当にむずかしい。少しずついろんな人と会って、いろんな会話をして、いろんな経験をすることで身についていくもの。それこそ「慣れ」であり、経験数と意識によって磨かれていくものなんです。

だからこそ、いまのうちに!
ぜひぜひディフェンスとオフェンスの両方を意識しながら、「対おっさん会話力」を磨いておいてください。オフェンスはディフェンスから。まずはディフェンス力を。そして、ある程度のディフェンスができるようになったら、オフェンスも意識してみる。もちろん最初からオフェンスにチャレンジしてみてもいいです。とにかくぜひにと何よりも、「対おっさん会話力」を!

年末に向けて、飲み屋にいく回数も増えると思います。
そのチャンスを使って、さらなるレベルアップをしてみてください。

おっさん相手に、物怖じせずにオフェンスを仕掛けて、日本中に楽しい会話が生まれますよ~に!!

【関連過去記事】
会話に苦手意識がある人に。