そうなんです。3種類あるんです、「聞く力」って。
たぶん最初の2つは、なんとなくわかると思います。

そう。
「リスニング」と「ヒアリング」

「リスニング」は、そのまんまの「聞く」力。
相手が話していることをしっかりと聞く。話している内容を、誤解のないように、何を伝えようとしているのかを考えながら、しっかりと聞く。いわゆる一般的な「聞く」というのがリスニング。基本的には受け身になって、相手の話に耳を傾けるタイプの「聞く」です。

そして「ヒアリング」は、というと。
こっちはもうちょっと能動的で、相手のこと/相手が考えていることを引き出すために、あれやこれやと質問をしながら聞いていく。それこそリサーチやマーケティングをするときなんかは、「リスニング」じゃなくて「ヒアリング」です。
相手がもっている情報、いま考えていること、何かについての感想といったことについて、「このへんはどうですか?」、「じゃあ、これについてはどう思う?」って質問を投げかけながら、聞いていく。これも日常的に普通に使う「聞く力」だと思います。


じゃあ、この「リスニング」と「ヒアリング」とは別に、もうひとつの「聞く力」って何か。
というと、「プロービング」です。

あんまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、英語で書くと「prove」で、「証明する」とか「立証する」、「証拠を探す」みたいな意味。
これってリスニングとは違うのはもちろん、ヒアリングよりももっと意図的に深掘りをしていくようなイメージの「聞く力」のことです。あとは、ヒアリングはどちらかというと、聞き手が聞きたいことを聞くものだけれど、プロービングは相手のメリットを探るためのもの。
相手のもうちょっと奥にある、たぶん相手もまだ言葉にできていなかったり、自覚していないような感覚や感情、もしくは相手が隠したいと思っているところを引き出していく。そんな「聞く力」のことを「プロービング」といいます。

ただ単に「好きなものは何?」とか、「何がしたい?」と聞くだけじゃなくて、その答えのウラにある気持ちや感情、もっと奥にあるぼんやりとしたものを一緒に描いていく。

仕事や恋愛の相談にのるときや、一緒に企画を進めていくとき、何かしらの問題を解決したいときなんかには、表面的な相手の言葉だけを拾って対応していくんじゃなくて、「その言葉のウラに、どんな感情や状況があるのか」を探っていくことが大事です。

「それってたとえば、どんな感覚なんだろう?」
「そう考えるのって、今までに何かあったから?」
「じゃあ、もしこういう他の状況だったらどう思う?」
「たとえば、こういう考え方をしてみたらどう?」
「こう考えてるってことだよね。それって何でなんだろう?」
「本当にそこまで大事だと思ってるのかな?」
「どんな感じの成功イメージもってたりする?」

そうやって質問を重ねることで、相手が発する言葉を表面的に理解するんじゃなくて、「相手がそう考える理由」のところまでを知り、相手にとっての本当のメリットになるものを提供・提案できるくらいまでに相手の状況や感情や考え方のヒントを探していくわけです。

ぼくの感覚だと、質問しながらダウジングしているようなイメージ。
o0400030013316708950
ここかな? こっちかな~? じゃあこれならどうだろう? このへんにはあるのかな? こっちのあたりはどうですか~? って感じで、相手のツボを探していく感じ。

普段の会話でも、けっこうぼくらは話の雰囲気を壊さないようにと考えて、すぐに納得・共感しちゃいがち。でも、常にいっつもとは言わないけれど、そうやってプロービング的な質問をしたりすることで、もっと相手との理解を深められると思うんです。

ぜひぜひこの「プロービング」という聞く力を知って、いろんなところで使ってみてください。

関西も関東も一気に梅雨入りしたようですが、変わらず楽しく、気持ち良く、適当に~♪