エントリーシートを出して、面接もちょこちょこ受け始めている。そんなとき。

そんなタイミングだからこそ、そんなタイミングでこそ!
最近「ぼうけんの書」、書いてる?

これまで、自己PRを作るためにたくさんの文字や文章を「ぼうけんの書」に書いてきたと思います。エントリーシートを書くために、いろんな経験を振り返ったり、そこから4本の矢で思考を広げたり深めたり、たくさん書いてきたはずです。

そんな今のタイミングこそ、もっと「ぼうけんの書」を活用するタイミング。
むしろここからが、「ぼうけんの書」をしっかり書いている人とそうじゃない人の差がついていく。

ここで、もいっちょ「ぼうけんの書」を活用して、もう一段階ステージを上げていきましょう。
今こそ、「ぼうけんの書」を書くときだ!!

だってですね。
これまでは、どちらかというと自分で「情報を整理する」意味合いが強かったわけです。
自分のこれまでの経験を洗い出したり拾ったり、それをどうやってアウトプットするかを文字に換えて、自己PRを書くために、志望動機を言葉にできるように、自分が納得できる言葉を探す。

それはそれで、大事な土台。
それがあったからこそ、今はそれなりにエントリーシートも書けるようになってきたし、面接でもまあまあ話せたりしてるわけです。
ただ、それはどちらかというと、自分の中だけでの話。自分ひとりで過去に行ったり、未来を想像したりしながら、言葉にしながら整理してきた段階。

だからこそ!
ここから次のステージは、そうやってできた言葉を使って、人とかかわってみて感じたことや、刺激を受けて抱いた感情、新しく入ってきた視点や情報を踏まえて、もう一段「考える力」を伸ばすチャンス。

たとえばね。
説明会に行きました。
「面白そう」と思ったり、「なんかしっくりこ~へんなぁ」と思ったりします。
壇上で話している人の雰囲気や話し方で、「こんな人と働くのも楽しそうだなぁ」とか、「どうにも相性が合わなそうなんだよなぁ」とか感じているはずです。

それ!!

その「面白そう」や「しっくりこない」や、「楽しそう」とか「合わないなぁ」について、考えてる? 「ぼうけんの書」に書いてみたりしてます?

これまで自分を向いて考えてきたけれど、そのときにはまだ企業の情報も、説明会の雰囲気も、どんな社会人がいるのかも、そんなに大してわかっていなかった。
でも、今はある程度の情報があるわけです。それらに対して、抱いた感情があるわけです。

そこについて、せっかくだからちょいと「考えて」おきたい。


面接でもそうです。
面接を受けて、「上手くできた気がする!」と思ったり、「ダメだったよなぁ」とも思う。
想定してなかった角度から質問をされて、あんまり上手に答えられなかったり、逆に自分が思っていなかったことが面接官から意外に評価されたりもした。

そんなときに、ちゃんと「考えて」ます?

説明会でも面接でも、多かれ少なかれ新しい情報を仕入れているはずだし、良くも悪くも今までとはちょっと違う感情を抱いたりしてるはずです。
だからこそ、それらについて「ぼうけんの書」で考える。

楽しいと思えた説明会とそうじゃない説明会は何が違うんだろう?
楽しいと感じた会社に共通していることって、何かあるのかな?
この会社で働くとしたら、どんな働き方をすることになるんだろう?
あの面接で、もう一度同じ質問をされたら、次はどう答えるかな?
面接中に相手の雰囲気が変わったのって、何を言ったからだったっけ?
あの質問に対して、自分のキャラをもっと伝える一番の答え方はなんだろう?

そこにはいくらでもヒントが転がっているし、それを考えることで次に活かせる言葉や考え方が見つかることもあるし、それをするからこそもっと相手に伝わる、相手を信用させられる会話ができるようになる。何より、考える力が強くなる、上手になる。

んで。
たぶん、そうやって成功や失敗について、自分で考えて自分なりの答えを出す人。
それを繰り返して習慣化している人。
自分で問いを立てられる人。
「もっと上手になりたい」という想いを行動に移している人。

企業の人たちは、そういう人たちを求めているんじゃないかな、と思うんです。
「うまくいった~!」、「ダメだった~!」で終わらず、それを次に活かすためにちゃんと考えられるようになると、そりゃ企業からも信用されやすい、はず。
そして、考える力がついていけば、漠然とした悩みからも抜け出せる可能性が高いんじゃないかなと、ぼくは考えています。

せっかく説明会や面接で、新しい「考える材料」を拾ったんだから、ちょっと「ぼうけんの書」というマナ板の上に乗せてみたらどうでしょう?
そうやって、多くの人たちが「考える」ことを楽しめるようになったら、うれしいです。

書こう。
考えよう。
今こそ「ぼうけんの書」を書くときだ! やで?

心を込めて、念を込めつつ……楽しく、気持ち良く、適当に!!!

【関連過去記事】
何故かみんなやってない「就活の予習と復習」。
1日1回、タイムリープしよう。