「もし、今後一生、ひとつのマンガしか読めないとしたら?」
なんて質問をされたら、ぼくの場合は迷わず即答。
これまで何千冊とマンガを読んできたけれど、その中で一生モノのマンガは決まってる。

そりゃ『スラムダンク』は好きだし、『ぼくんち』だって類を見ないマンガです。『エリア88』からは絆と矜持を学び、『ピンポン』では不完全であるがゆえのつながりに感じ入った。『沈黙の艦隊』も『サンクチュアリ』からも、生き方の影響を受けました。

ただ、「人生でひとつしか読み続けられない」としたら、
「人生でのベストマンガ」を選ぶとしたら、迷わずコレ。

たまに間違えられるけれど、戦前戦後の少女が苦労しながら成長していくドラマ『おしん』じゃないですよ。料理屋の女将(おかみ)が主人公の、基本的には料理(&骨董)マンガです。

『美味しんぼ』や『ミスター味っ子』、『クッキングパパ』、最近なら『食戟のソーマ』や『きのう何食べた?』などなど、古今東西料理マンガは数あれど、料理のみならず、日本人としての生き方、現代に生きる自分たちが忘れちゃいけないことまでを、軽妙かつ真摯に描ききった『おせん』は、料理マンガの枠を超えたあらゆるマンガの中でも、いのいっち(一番)!


ケチな正義は通らない
てめえの世間のチンケな道理
ぎゅっとした仕事
情や義理に厚い
筋の通った人間を拵える
味がある
ケチな了見や性根で拵えたもん
半可通
まっつぐな心意気
スジとけじめはきちんとしなきゃ
丹精込めた
性根がひん曲がった
モノの容を視る眼
器量
腹をくくる

もう、こうした言葉を並べてるだけで、素敵……。

たまにお色気シーンもあるし♪
名称未設定 13のコピー


料理や骨董のマンガだからといって、「職人」というのともちょっと違う。かといって「プロフェッショナル」みたいな感じでもない。あくまでも仕事や人生への向き合い方。真摯に本気で真っ当に、向き合う姿が描かれてる。
義理とか恩とか筋(すじ)だとか、そういう言い方をすると任侠ヤクザの世界を思い起こしてしまうかもしれません。だけど、こういう側面には、よく言われるルールやスキルやテクニックみたいなものでは語れない、重要な要素があるように思うんです。人生や仕事で、本当に大事なことはそこじゃない。


先日、ブロガーのちきりんさんが、『ビジネス用語にカタカナが多い理由』という記事の中で、
特定の分野においてカタカナ用語が多いのは、その業界の人が“外国かぶれ”だからではありません。その分野において、日本が遅れているからです。

(中略)
 
関係者が“フィジカル”という言葉を使うのは、「英語っぽくてかっこいいから」ではありません。
「優れたサッカー選手が持つべき資質とは何か」という育成理論や分析が、日本では発達してこなかったため=この分野で世界に遅れをとっているため、それを表す言葉が存在しない。だから外国語をそのまま使うことになってるんです。
ということを書いていたけれど、このマンガで描かれているのは、まったく逆の視点

日本人として持っている概念や言葉。
「人情」って、「Humanity」とは違う。
「道理」なんて、どう考えても「Reason」じゃない。
「恩義」と「義理」なんかは、「Obligation」で同じになっちゃうし。
「お天道様」は、「Sun」なのか…?
って、そういう日本人的なこと。

仕事への向き合い方。
人生への向き合い方。 

そこで何を大切にするか、と。

自分の都合、自己満足、合理性に個人主義。
そういうのを超えた、恩義や道理や義理や筋。
けじめや野暮や、粋や器量。

「日本人の美学」というと大げさだけど、そうしたことについての示唆をくれる。
その背景には、北大路魯山人や白洲正子、ぼくの大好きな開高健に通じる要素も土台にあって、むちゃくちゃ濃いのに柔らかい。

日々是修行!!!
けじめをつけるにゃァ まずァそこから
なおさらつらいんだよ
一度ホレたもんにケチな仕事されんのが
人の道もまたしかり
下拵えしとくんなら今だぜえ?
名称未設定 12のコピー
おまえにとっちゃァ
たった一度のケチな商いかもしれん
しかしたった一度のそれで
店の看板に染み付いた垢は
何年何十年と消え落ちることはないのだ
それを心に刻め
焼きもんも人間も一緒でな
外っ側じゃなくて
容(うつわ)を拵えるもんでな
いい女の前じゃァ
思いっきり光ってなくちゃァいけないという
男の意地と張り
男なら!!
スジはきちんと通さなくちゃァ!!!
通り一ぺん がんじがらめのお作法第一のお点前じゃなくて
道理が先にあってのお点前だと自然にそうなる
まっつぐな者の性根はけして裏切らねえ
料理っちゅうもんは
その文字のごとく
ものの理(ことわり)を料(はか)るもんよ
つまりはどれだけものの道理をわかっとるか
組織に見栄に欲。
しょせんケチな道理に潰されぬまっとうな魂をただゝ伝えんがため
名称未設定 11のコピー

沁みる…。

野暮でダサい生き方にならないように、
性根のすわった真っ当な生き方をするために、
安易な自己都合で義理や道理を欠かないように、
仕事や人生にしっかりと向き合えるように、 

ぼくにとって『おせん』こそが教科書であり、人生ベスト1のマンガです。