まさか森下くるみの話まで、役に立つとは…(笑)

先日の三連休もそうだったのだけれど、猿基地にはちょこちょこ卒業生が帰ってきてくれる。
そこで最近の仕事の話をしたり、最近の猿基地の話をしたりするのだけれど、やっぱりうれしいのは彼らが仕事を楽しんでること。そして、周囲に認められる成果を出していること。

もちろん就活で役に立てるということは、完全に狙ってるわけで、それによって役に立つのは当たり前。その上、ドラッカーだとかマネジメントだとか、ビジネス系の知識やテクニックが役に立つのも、そりゃ「役に立つだろうから」と思って話しているわけです。

ただ、卒業生の彼らと話していると、それだけじゃないみたい。
もちろん就活やビジネス系の話で役に立つのもうれしいけれど、「え!? そんなのまで?」と思うようなことまで、なんだか役に立ってるらしいんです。

わかりやすいのは、焼酎とボート
仕事に就くと、当然のことながら歳上の人たちと接する機会が多いわけです。
社内もそうだし、社外でもそう。
特に女性の卒業生からよく聞くのだけれど、飲み会でフツーに焼酎を飲んだり、「好きなお酒は焼酎」というだけで、中高年の人たちから興味を持ってもらえる、と。
さらには「ボート観戦も行ったことがある」なんて言ったら、もうガガン!と印象が変わる、と。もちろんボートはヒット率が低いかもしれないけれど、20代前半の女性が「焼酎とボート」とか言うだけで、面白がってもらえちゃう。

しかも、先日帰ってきた卒業生から聞いたのが、これまた奇遇。
営業として担当した取引先が、日本財団関連の社団法人だったそうで、「ボート知ってる」ということで話が盛り上がって、良い話につながったらしいんです。
※日本財団は、元々はボートレース(競艇)の運営母体として設立された組織。

nippon


他にも、会社の先輩がもともとボートレーサーを目指していた人で、ボートの話をしてかわいがってもらってる、なんて話も聞きました。


山口百恵で、「若いのに何でそんなに知ってんの!?」とか、
開高健で、「おっさん世代には有名だけど、若いのによく読んでるね」とか、
ガンダムで、「安彦良和までわかってるんだ!」とか、
 
そうやって、猿基地でただの普通の会話として話していたネタが、仕事でも活きてるというのは、ちょっと意外だけれどすごく嬉しい。ロックの話とか本の話とかもそう。




ただ、


まさか「森下くるみ」で……


さらには「TENGA」で……


そんなことが起きるとは、ぼくもびっくり。


「森下くるみ」は、アダルト業界に大きな影響を与えたソフト・オン・デマンド(SOD)の専属女優としてデビューした人。彼女は自伝エッセイの書籍も出していて、ぼくは学生に「AVは、単に男がヤラしい気持ちで観るだけのものじゃない」というような話で、この本を紹介したんです。
「TENGA」は、ごぞんじのメーカー。
ただ、この会社って実はすごいんです。

知ってます?

TENGAって、40ヶ国に世界展開してる。
さらには、医療や介護の現場でも使われてる。
それでいて、従業員数たったの50人
創業社長は、もともとヴィンテージカーの整備士さん
「メーカーとして、真っ当なものづくりを!」と考えて、粗製濫造のアダルトグッズ業界に着目。

むちゃくちゃ理想の高い、超優良ベンチャーメーカーなんです!



そんな話をお客さんにしたりしているのですが。


んで、卒業生が帰ってきて話してくれたのはこんな話。

新しく訪問した会社の担当者と話していて、前職の話を聞こうとしてもぜんぜん教えてくれない。「いや、女性にはちょっと言えない…」って。そこで卒業生が、「私ぜんぜん大丈夫ですよ。森下くるみの本とかも読んでて」みたいなことを言ったら、まさかの前職SODということが明らかに。そこからTENGAの話になって(もともとTENGAはSODの支援があって広まった、という関係があるんです)話が盛り上がった、と。


もうね、びっくりです。
普通に酒を飲みながら話していた森下くるみだとかTENGAの話が、まさか社会人になってから仕事でも役に立ってるなんて!

何が社会で役に立つか、わからないものですね。
そんな雑談さえも役に立つ、猿基地(笑)

んで、こんな長々と何の話をしたかったのかというと、
「興味のあること、バシバシやっておいたら、何かにつながる!…かもよ?
という話。
就活だとか仕事だとか、もちろん「それのため」という目的があってやるのも大事だけれど、単純に「あ~おもろい」とか「ちょっとこんなことやってみよかな?」ってくらいのことを、「わ~!おもろい!」というくらいにちょこちょこやっておいたら、何かにつながる(ことがあるかもしれない)よね、と。

ぼくもお客さんたちと、もっともっと楽しい雑談をしていこう!と決意を新たにしました♪




TENGAの話は、この本から。

TENGAだけじゃなくて、ラブドールのオリエント工業やDMM、アダルト専門書店の芳賀書店の社長のインタビューも載っていて、むちゃくちゃ面白いです。 





ってか、そろそろまた就活の話も書いていかなきゃですね。