『これくらいで歌う』を聞こう、の回。第2弾。(第1弾がこちら
今回は、MVにこれでもかと盛り込まれている小ネタ集。

「あそこのあれは、これだったんだ!!」
「このシーンに、こんな細工が!?」
「これにも意味があったの??」

って発見してみよう、という話です。

ホント椙本さんって、ハンサムケンヤの世界観を理解しつつ、それを表現してる。
で、ありながら、遊び心でいろんなギミックを各所に散りばめていて、それこそ他のハンサムケンヤのどのMVも、コマ送りにして「もしやこれは!?」という発見をしたくなっちゃうわけです。
そんな数々のギミックが『これくらいで歌う』の中にも仕掛けられていますが、さてさてどんなのがあるんでしょう。


まずは、この冒頭中の冒頭のシーン。
00名称未設定 0

これって個人で音楽を作るDTMの機材なんですが、このワンカットだけでも3つの小ネタが仕込んである。

ひとつめは、この機材に貼ってある付箋
6枚の付箋が貼ってあるわけですが、よくよく見てみると、この6枚の付箋……。

登場する5人(+本人)に対応してるんですね。
赤い付箋には「Guitar」、緑には「Drums」、紫には「Piano」、青には「Violin」。んで、黄色は「Bass」。
ぜんぶ登場人物の「色と楽器が一致」してる。
 
しかも、「Violin」にいたっては、一度書いてみたもののスペルを間違って書き直している(くらい、ちょっと抜けてるところもあるよ)を表現するほどの芸の細かさ。そしてもちろん、一番左の白い「Vocal」の付箋は本体としてのハンサムケンヤです。
導入部として、「これからこんな5人のストーリーが始まるよ」ってのを明示する演出。あからさまに伝えるわけじゃなく、これから始まる5人+本人のストーリーをこのシーンに詰め込んでる。


で、ふたつめは何かというと、この機材。
そのまんまハンサムケンヤが実際に使ってる機材です。
ハンサムケンヤの他のMVを見ていると、『決心速度』に、まったく同じ機材が映っています。
00名称未設定 4

『これくらいで歌う』という曲が、あくまでも日常を切り取った曲だからこそ、ディティールに関しても完全にリアルな日常を表現する。適当にそれっぽい機材を描くんじゃなくて、リアリティを大事にする。そんなところが見えてきます。

しかもこれって実は、機材だけの話じゃなくて、部屋や風景までもがリアリティを貫いてる。
京都に住んでる人以外はわかりにくいかもしれないけれど、千本今出川から烏丸今出川への道
 
ちょっと現場を確認してきました。

今出川通の西陣郵便局。
00名称未設定 3

んで、同志社大学のある烏丸今出川の交差点。
00名称未設定 2

んで、ハンサムケンヤが住んでる家の階段。
00名称未設定 1


う~ん。「日常を描く」という曲の世界観をしっかりと表現する上で、空想の風景の中にも現実を交えていくことで、この不思議な世界に厚みが加わる。実際に、京都の大学を卒業した人たちも、この映像を見て「京都を思い出す」と言います。


そして最後のひとつが、ディスプレイに書かれた数字。

「836」

この数字、別のMV『アラハラ』でも出てきます。
00名称未設定 5

この数字が何を意味するかというと、そう。
サム」ですね。ハンサムケンヤの「836(ハンサム)」です。
冒頭の1カットだけでも、これだけの情報が盛り込まれてる、いやはや……。


もちろんそれ以降にも、小ネタが盛りだくさん。
わかりやすいギミックだけでも、数えきれないくらいあります。

パソコンのディスプレイや新聞での「UFO」の表記とか、部屋のドラムに「古都レコード」って書いてあったりとか、黄色のハンサムケンヤが随所に出てきてるとか、家から駅に行くまでに、あとから登場するキャラのほとんどとすれ違ってる(テレビ局の人、“ハンサムボーイズ”のファンのおばちゃん、女の子、子どもたちと最後にコケるときのボールとか、警察や流れ星)とか、ホント「どれだけ盛り込むねん!!」というくらいにある。

紫のハンサムケンヤが女の子を助けるシーンでも。
女の子の携帯のディスプレイには……
名称未設定 7のコピー
赤ハンサムケンヤが映っていたり。

緑のハンサムケンヤが宇宙人に改造されるときには、
名称未設定 2のコピー
ディスプレイの右下に、椙本さんの過去の作品『the TV show』と同じアナウンサーがいる。

古都レコード社長のポテト氏が毎回MVに登場しているけれど、実は彼らの飼い猫ロキちゃんも、実は毎回のように登場してたりもします。
名称未設定 6のコピー
ロキちゃん、右上のほうでスヤスヤ日向ぼっこしてますねぇ。


そんなこんなで、小ネタ盛りだくさんの『これくらいで歌う』。
ぜひぜひいろいろ探しながら観てみてくださ~い。





【おまけ】
最後に実際のアパートが、これです。
00P1030422