『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

世の中にはいろんな「スキル」があって、本屋に行ってもネットの海に繰り出しても、さまざまな「身につけるべきスキル」があったりなかったり。そりゃもちろんどんなスキルでも、あるに越したことはないし、資格なんかとは違って何かしらのスキルを身につけておけば、どこか

世の人事担当者は、いつも「優秀な学生」を探しているものだけれど、ぼくは毎年、就活をしている学生を見ていて「本当に学生は短期間で変わるよなぁ」と思わされます。ろくにあいさつもできなかったような学生が、明るくなる。どうにもエネルギーが感じられない学生が、まわ

人生には章の区切りがあったりして、その区切りは人それぞれに種類やフィールドが違ったりもします。昇進や転職や、結婚や出産や起業だったり、または親や親戚の状態だったり何だったりと、人生の章の区切りがあるわけです。ぼくの社会人人生という意味では、前職に始まる第

けっこう前に「ギブ・アンド・テイク」についての記事を書きまして、個人的にそれなりに気に入っている内容なんですが、そんな話題の周辺で、最近猿基地でよく話していることをちょっと。というのも、まあ上手なギブ・アンド・テイクが世の中に広がったら、世界はもっと良く

猿基地の学生たちは本当に素敵な人ばかりなのだけれど、過去90人くらいの卒業生たちの中でも、「規格外」といえるような人が2人います。それが、センサー会社で働いているY君と、総合商社で働いているT君。Y君は、これまでに何度か書いてきているけれど、就活では1社しか受け
『「すごい人」に共通する、たったひとつの成功法。』の画像

このブログの読者にはそれほど多くないかもしれないけれど、「教師になりたい」という人たちに、ぼくなりに「これ、ちょっと考えてもいいかもね」と思うことがあります。というのは、「教師になって、生徒に何を教えるの?」ということ。ちょっといじわるな言い方をするなら

「エントリーシートって、1社あたりどれくらい時間をかけるものですか?」って、学生に聞かれました。その学生は、「半日から丸1日かかる」ということでした。う~ん、もちろん質問の数や内容にもよるし、ときには「自由に表現してください」みたいなものもある。紙のESとWeb

就活のアドバイスって、誰でもできちゃいます。それこそ普通に就活をして会社に入った人たちはもちろん、自営業のおっさんも、「就活」という言葉がなかった時代に仕事に就いたおじいちゃんも、さらにはまだ働いていない大学の先輩だって、誰でも就活のアドバイスはできる。

学生を見ていて、ときどき「ぼうけんの書」の使い方を間違えちゃってる人がいるので、ちょっとその話を。とはいっても、そもそも「ぼうけんの書」には正しい使い方なんてものがあるわけじゃなくて、自分なりにいろんなことを好きなように書いていけばいいんですが、さすがに

いよいよ就活も本格スタート。猿基地にもたくさんの学生たちが来てくれていて、毎日夜な夜なみんなで語って楽しんでいます。先日はBBQにも行きました。わざわざ東京から来てくれた学生もいて、猿基地周辺もついにスイッチが入った感覚で、ぼくもガシガシ楽しくやっていこうか

おかげさまで本業の猿基地が順調で、ブログを書く時間をしっかりとりきれず、ちょっと間が空いちゃいましたごめんなさい。そんな中、先日来てくれた学生が、メディア系(というか新聞社とか放送)を目指しているというので、ちょこちょことメディアの現状やこれからのことを

歳をとると、傷の治りが遅くなる。ぼく自身も、たまに膝をぶつけて青アザができたりするけれど、1週間くらい経っても「あれ? まだあるやん……」なんてことが増えて、自らの老化を自覚したりするものであります。それこそ、じーちゃんばーちゃんとかも、ちょっとした骨折が

人は誰でも魔法を使える。といっても、「あの子の笑顔は、幸せを生み出すぼくだけの魔法」みたいな話じゃなくて。その魔法は2種類あって、片方は世の中を良くする「白魔法」。んで、もう一方は、世の中に害悪を与える「黒魔法」。この前の記事で書いた見城さんは、白魔法の使

「天職」って何だろう? と考えたときに、たぶんこれじゃないかと思うんですよね。「自分が好きなこと」であり、それが、「誰かのためになること」んで、「人よりも得意なこと」。この3つが揃っていたら、それで天職。それこそ業界だとか職種だとか収入だとかというのもある

いよいよ猿基地周辺の学生たちも意識しはじめたようで、18卒のLINEグループを作って動き出しております。つい先日もキックオフ的に集まって、みんなでワイガヤしながら自己PR作成入門的なことをしました。これからが楽しみです~。んで、その学生から「とりあえず何から手を

↑このページのトップヘ