『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

 「企画をするのが好きなので、企画の仕事がしたいんです」。  「大学生活では、さまざまなことを企画してきました」。  学生と話をしていると、本当によく出てくる「企画」という言葉。  言いたいことは何となくわかるんだけど、本当に「何となく」」しかわから

 そろそろ就活の進度にも学生ごとに違いが出てきている今日この頃。たまに「いまからでも間に合いますか?」っていう学生がいたりするのだけれど、間に合うか間に合わないかじゃないんですよ、「間に合わせる!」 そのために「本気でやる!」 それだけです。人生いっつも

あのですね、 僕を直接知っていて、 3時間以上「就活話をしたことがある」 という人にお願い。 ブログでの理解と 直接話したときの理解に 差があることってあると思うんです。 「ブログではこう理解してたけど、  実際に話してみたらちょっと違った」とか

 ここ数日は毎日就活相談。今年は去年に比べて、相談に来てくれる学生の数が確実に多くなってきてる。ちゃんと実のある相談にできるように気合いを入れていかなきゃ、だ。  先週は1週間以上にわたって「ESチェック方法」を書いてきたので、今日からはまた違ったコンテンツ

 1週間にわたって書いてきた「就活式 ESチェック方法」も今日で完結。全部で9つのポイントをチェックすることで、ESはかなりレベルアップするはずです。ではではいきましょう。最後のひとつ。  それは、 ★「本気」で話せる内容になっているか?  つまり、人に話

 おととい昨日と学生の誕生会が続いた2日間。誕生日を迎えた学生たちはもちろん、祝ってる方も楽しそうなんですよね。僕自身もなんだかほっこりさせていただきました。おめでとう♪  さて、今日も引き続き「就活ゲーム式 ESチェック方法」の話。 ★伝えたいキャラ(

 「就活ゲーム式 ESチェック方法」も、やっと5つの説明が終わりました。本当はもうちょっとさらっと書けるかと思っていたのだけど、「できるだけ誤解のないように」と考えて書いていたら文字数が増えていっちゃう。まだまだスキルが足りない! 僕もがんばらなくちゃです。

このブログがスタートして2ヶ月ちょっと。 実は僕にはこのブログ以外に もう一つ更新しなきゃいけないブログがあるのですが、 全然更新しておらず、申し訳ないなぁと思いつつも 更新できずにいるわけです。 と言いながらも、 ちょっとこれから、この『就活病の治

 前後編で終わらせようと思っていた「就活ゲーム式 ESチェック方法」、気づいたら3本目になっちゃって、今日もどうやら完結しなさそう。残りのチェックポイントは4~5つ。全部で8~9つあるんだから1日2つじゃ終わらないのは当たり前でした…。もうちょっとだけ付き合ってく

あのですね、 いま書いている「就活ゲーム式 ESチェック方法」ですが、 ここ2日間で「前編」と「中編」と続けてきたのですが、 今日(めずらしく)明日の分の記事を書いていたら、 なんか「後編」でまとまりきらなくなっている感じです。 これまで4つのポイントを

 ★伝えたいキャラ(コンセプト)を明確にする。  ★キャラに合致したネタで説明(証拠を提示)する。  前回書いた、ESを書くときの基本のポイントが2つ。この2つが明確になっていない状態だと、ES上に現れる自分は輪郭のぼやけた「どこにでもよくいる学生」にしかな

 Twitterをみていても、みんな急激なESラッシュに追われているようで、僕は「みんなちゃんと書けてるかなぁ」なんて不安に思いながらも、「いよいよ始まりつつあるね!」なんて、これから始まる就活にわくわくしてます。  なので今回(と次回)は、ドクターMitがお送りす

 「エントリーシートはラブレター」と言う人がいます。想いを寄せる相手に自分の想いを伝える。そんなロマンチックかつ純粋なイメージがついてくるから、なんとなくいい言葉のように感じますね。でも、結論から言うとエントリーシートはラブレターじゃない。今日はそういう

 年始はまとめ記事が2本続けたので、今日からまた新コンテンツで書いていきます。まわりの学生たちも、この年末年始いよいよESの提出が迫ってきているようなので、その辺の話を少し。  だいたい毎年この時期になると、学生がESを見せてくれるのですが、その大部分がやっ

 3つの特性で決まる8種のキャラ。  つまり、「何のために」「どうやって」「どんな環境で」最もエネルギーを発揮するタイプなのかで自分のキャラを決める。これですね、「わ~い当たってる♪」と言いながら見るのも楽しいと思うのだけれど、それだけだともったいない。実

↑このページのトップヘ