『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

 面接は会話であり、対話である。  そんなことはわざわざ改めて言うまでもなく、どの就活本にも書いてあるし、いろんな就活コンサルタントさんたちが言っています。よく言う「会話はキャッチボールだ」という話ですね。「そ~んなの知ってるよ」と思うかもしれません。で

 会社のことを知るのに、何で調べるか。これ、けっこう大事なポイントなのだけれど、知らない人も多いようなのでそんなことを書いてみよう。  企業のESを書くときとか、面接を控えているとき、あとは内定が出た後だって「この会社、ツブれないかな?」って不安になるとき

 博報堂のESの締切りが迫っていることもあって、ここのところ毎日ESチェックが続いております。初めて僕のところにESを持ってきてくれる学生たちもちょいちょい増えているのだけど、もうね、決めた、決めました。  積極性とか協調性とかリーダーシップとか向上心とか何

 ある女子学生から聞いた話。  それほど親しくもない男性から猛アプローチを受けて困っているらしい。まぁ、そんなに細かく書けないけれど、結局のところ「自分の自慢話ばかりで、しょうもない男」だから興味がないのにアプローチされても…という話なんです。(彼女自身

 ブログを読んでくれている学生からのリクエストがあったので、今日は志望動機のお話。以前に書いた「好きを仕事に」の回もちょいと参照しながら読んでみてください。  学生が持ってくるESを見ていて、よくある志望動機 堂々の第1位は、「あなたについていきます」系の

今日は就活ナイト第一弾の開催日! 特に何も決めずにざらっと集めただけなので、 これからどうなるかはわからないけれど、 とりあえず2時間後に みんながちゃんと来てくれること。 そして4~5時間後に みんなが来て良かったと思ってくれること。 そうなっ

 もう面接を受けた人も増えてきていると思いますが、「分身」してないですか?  そう、就活病の学生は、面接になると「分身の術」を使うようになる。しかも、意識的にじゃなくて、無意識のうちに「分身」する。これ、気づいていないと確実に相手を惑わすことになるので

 学生に「ぼうけんの書」の書き方の話をしていて、「それ、分かりやすい!」と言ってもらえたので、ちょっとその辺の話を。  やっぱり実際に学生と話をしている中で出てくるものって、僕としてもすごく参考になるんです。僕の中でシミュレートしているときには想定していな

 ここ数日「ぼうけんの書」の話が多かったので、今日はESの方にもう一回話を戻します。ついこの間、就活ゲーム式 ESチェックポイントを書いたばかりなのだけれど、学生のESを見ていて「まだまだ伝わってないなぁ」という自分の力不足を感じたので、違うアプローチから説明

 最初にですね、今日の記事はご飯を食べながら読まないようにしてください。もしあなたが、いまご飯を食べながらこのブログを読んでいるなら、とりあえずご飯を食べ終わってからにしましょう。  あと、ちょっと下品な話が嫌いな人は、そもそもこの記事は読まないようにし

今日はちょっと体調が芳しくないので、 ゆったりとした夜を過ごしております、こんばんは。 最近はブログやtwitterをみて 出会う学生も増えてきているのだけど、 ちょいちょい言われるのが、 「もっと怖い人だと思ってた」と。 なぜ!? こんなにも可愛らし

 テスト期間がはじまっていろんなことが重なって忙しくなってきていると思います。僕のまわりでは体調を崩している人がすごく多いので、みなさんも体調管理には気をつけてくださいね。(と言っている僕自身がちょっと今日は体調がおかしいのです…。病は気から!たるんでる

今晩は学生たちと一緒に牡蠣の陣。 総量3kgの牡蠣をどうするか…? 今からいろいろメニューを考える!! ただ、今年は季節的な影響で 牡蠣も身がちっちゃいのが多いらしい。 でもね、身がちっちゃかろうが ちゃんと素材を活かせばいろいろできる。 大きけりゃい

 昨日、学生から『akinator』っていうアプリを教えてもらいました。知っている人もいるかもしれないのだけれど、特定の人を想像しながら20くらいの質問に答えていくとランプの魔人が「その人」を当てるというアプリ。  質問はランダムで出てくるのだけれど、最初は「女

 そろそろ「ぼうけんの書」も2冊目に入った頃でしょうか。人によっては3冊目4冊目に入っている人もいるかもしれない。そうやって、ちゃんと毎日書いている人は、もうすでに膨大な量の「客観視できる自分」が目の前に現れていて、以前と比べれば格段に「話のネタ」が増え、そ

↑このページのトップヘ