『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

ぼくの人生における決めごと、といったら大げさなんですが、65歳になるまではゴルフと映画に手を出さないことに決めています。猿基地の卒業生でも社会人になってゴルフを始める人もいて、楽しそうだなとは思います。そりゃこれだけの人たちがハマってるんだから、そりゃ面白

イシグロさんがノーベル文学賞を受賞しました。んで、巷では「長崎出身で、日本人の両親から生まれた」「とはゆ~ても、英国籍なんだから日本人じゃない」「日本の受賞者としてカウントだよね」「いや、それは違うだろ~よ」「本人が日本からの影響を口にしているやん」「っ

ブログの記事数も気づけば800本を超えていて、かつ就活ゲームの理論も日々進化をしているわけで、最近読みはじめてくれた人にはどこに何が書いてあって、どれが古くて最新版はどれやね~ん的な状態にもなっちゃってる。まあ、現状のところは『内定力』が最新ではありつつも、
『読者からの質問・相談コーナー。』の画像

新しく趣味を始めるのでも、知らない分野のお勉強をしてみるのでも、ふと「これってどうなの?」を考えるのでも、何かしら新しいことに触れてみようと思ったとき、「どこから手をつけたらいいの?」と思っちゃう。それこそ未知の分野だし、なんだかいろんなことを知っておき

猿基地にはおもろい学生たちが来てくれたり、猿基地に来てくれることによっておもろくなっていったりするわけですが、たまに聞かれます。「みつしろが言う“おもろい学生”ってどんな人のこと?」たしかになんだろう?何をもって、「おもろい」と言っているのか。そりゃ話が

いまの時期、学生が就活をするとなって何ができるかというと、まあだいたいインターンシップなんだと思います。大学のキャリアセンターもそう言うし、就職サイトにもたくさんの企業がインターン情報をのせてます。ただ、ぼくは相変わらず「インターンなんて意味ないよ」と言

日本酒がそれなりに注目されている昨今ですが、ここ数年で日本酒業界に「キレイな日本酒からの脱却」という流れがあります。かつては純米だ吟醸だ大吟醸だ、やれ精米歩合が50%だ30%だなんて言われ、いかにして雑味のない、キレイで飲みやすい酒にするかの試行錯誤だったわ

常々気になってたこと。それは、「ゆず七味」というものの話。他にも「しょうが入り七味」ってのもあるわけです。これってね……。「八味」じゃね~のん?と。七味唐辛子にゆずが入りました。七味唐辛子にしょうがを入れてみました。こんなアクセントは、どうですか~?ほら
『七味唐辛子とスーパーモンキーズに関する一考察。』の画像

飲み屋の会話から雑誌の見出しまで、「モテ」という言葉が世の中には飛び交っているわけですが、ぼくとしては、「モテ」という言葉を使ってる時点で、おそらくその人が「モテる」ことは生涯を通して望み薄なんじゃないかと言いたいのです。だってですね、ちょっと想像してみ

学生にしても社会人にしても、ってか現代に生きるすべての人にとって、「将来どうなりたいか?」とか「これからどう生きていくか?」ってのは大きな関心ごとなわけで。就活なんてまさにそれだし、社会人になってもそれなりに考えることはあるはず。できることなら思い描いた

先日、猿基地の学生たちと一緒に楽しいことをやる団体を立ち上げました。それはまた改めて書きたいのだけれど、その立ち上げ準備の一環でひさびさにパワーポイントをいじりながら考えごとをしてたのですが、組織や集団でも、個人としても「これを言語化するのって大事だよな

さて、10月。新卒採用にかかわって十数年ともなると、この10月1日っていうのはそれなりに特別な感覚がありまして、今でこそ採用の情報解禁は年明け以降になっていますが、やはり「また次のシーズンが始まるなぁ」という気持ちが湧いてくる時期なわけであります。なんとなく気

ぼくは多読というほどでもないけれど、人並みよりは読んでるとは思います。学生や若手社会人にもそれなりに「この本いいよ」なんて話をしたりするわけですが、ぼくは読書をするにあたって、全部の本を「隅から隅までしっかり読み込む」ということは(特に社会人になってから

ここ最近、個人的にテーマとしている考え方があって、それは自分の言動に対してもそうだし、人や行動の評価軸(といったら大げさだけど)としても、「これやな」って考えていることがあります。んで、ゆ~たら「日本人の道徳はこれでいいんじゃね~の?」くらいまでに思って

↑このページのトップヘ