『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

学生証や卒業アルバム、パスポート。そんな写真を見て、ぼくの母親は「ゆうとは、いっつもニヤけてるよね」ってよく言っていました。たしかに、一般的には真面目な表情をしていることが多いそれらの写真でも、ぼくはだいたいちょっと笑った状態。ただ、これってぼくはある程
『キミは「表情フィードバック仮説」を知っているか!?』の画像

なんだか今日の記事は勢い余って長くなっちゃいました(3000字くらい)。お忙しい方は、お時間のあるときにどうぞ。先日の記事で読んでくれてる人たちにコメントを求めたところ、思っていた以上にコメントをしてくれる人がいて、とてもうれしく、とてもとても感謝しつつ、「

猿基地のトイレには、いろんな格言が貼ってあります。マンガの台詞や小説の一節、テレビで有名人が言っていた言葉、ラーメン屋でたまたま読んでた週刊誌に書いてあった言葉たち。そういう格言って、その人の考え方や生きてきたスタンスを凝縮した、その人が大事にしているも
『自分の格言をつくってみよう。』の画像

本日2本目、めずらしく。や、ネタがないわけじゃないんです。むしろ、書きたいことはまだまだあります。ただ、毎年この時期になると、「読んでくれてる人は、何を求めてくれてるんだろう……?」ってのが曖昧になっちゃって、どうにもどんなことを書いたらいいのか考えちゃう

学生のときは、よく「言い合い」をしていたなぁ。ということを、ふと思い出しました。ゼミやサークルの会議といった場だけじゃなくて、友だち数人と飲みに行ったら、何かしら言い合いをしてた。経済学部だったので日本の政策をどうすべきだとか、少子化はどうすれば解決でき

そんなに多くの学生がやってきたわけじゃないし、もしかしたら「それって『絶対内定』みたいなもんやんけ」と言われたらイヤだったので、今までブログには書いたことがなかったのだけれど、就活をする上でこんなこともやってみたらどうですか~? という方法があります。と
『「影響リスト」という、ちょっと『絶対内定』っぽいもの。』の画像

昨日の記事がタイトルで敬遠されたのか、いつもに比べてアクセスが少なくて悲しんでおるみつしろです。ど~もこんばんは。だって試してみたかったんだもん。思いついちゃったんだも~ん! そしたらぜんぜん読んでもらえなかった……(泣) タイトル、だいじ。ま、気を取り
『沼から出てきたカッパたち。(男子学生必読)』の画像

生活を送っていると、ぼくらの日常の中にはいろんなところで「デモ」が発生しています。それは身近なことで、ちゃんと考えているからこそ生まれているのかもしれません。今日もどこかで「デモ」が生まれてる。だからこそ、ぼくらはみんなで一緒に「デモ」をなくしていきたい

そうなんです。3種類あるんです、「聞く力」って。たぶん最初の2つは、なんとなくわかると思います。そう。「リスニング」と「ヒアリング」「リスニング」は、そのまんまの「聞く」力。相手が話していることをしっかりと聞く。話している内容を、誤解のないように、何を伝え
『「聞く力」って、3種類あるって知ってた?』の画像

一般的に「ネガティブ」であることは、あんまり良くないイメージがあると思います。まあ、普通に考えたらそりゃそうで、ポジティブな人のほうが一緒にいて楽しいし、ものごとを悲観的な捉え方をする人と話してたら、ちょっと暗い気持ちにもなっちゃったりするし、ネガティブ

だから会社に勤めているなら、とにかくこれを学んでおこう、という話。さあ、何でしょう。最近は、大学を卒業してすぐに起業する人も増えてきて、仕事の幅広さという意味でも若者の活躍という意味でもとってもいい流れがあると思います。若い人たちが、既存の会社や組織に縛

もうね。これはタイトルそのまんま。この間、学生と話したんです。「いったんここまでの就活を整理してみよう」つって。だって、「面接でけっこう落ちてて、ヘコみます~」とか言ってるんだもん。ぼくもそんなに詳しく状況を確認していたわけじゃないので、とりあえず受けた
『ちゃんと数字で判断しよう。』の画像

人生にはいろんなフェーズで目標があります。「営業目標2000万円」「新規開拓5件」「目指せ、東大!」「300万円の貯金を!」「3年以内には起業だ!」ポジティブな意味の目標もあれば、会社や他者から求められて「あ~、大変だけど達成のためにがんばらなきゃなぁ……」という

学生の就活相談あるある。「面接、いい感じでした~。たぶん大丈夫だと思います~」で、落ちる。「ぜんぜん上手く話せなくて、落ちてると思います……(泣)」で、受かってる。面接を終えて、学生が感触を報告してくれる。彼らの感想を聞いて、そうかそうかと思ったり、アド

学生にかぎった話じゃなくて、若手社会人と話をしていても、よくある話。それは、「これからどうなりたいかがわからない」、と言うんですね。学生ならばもちろん、社会のことなんてまだまだ知らないことだらけだから、そう言うのもわかります。学生ならば、むしろわからない

↑このページのトップヘ