『楽しく、気持ち良く、適当に。』 イメージ画像

今日は全国の男子学生たちに、就活で役立つとっておきのテクニックをプレゼントしちゃいます。どれくらい「とっておき」かと言ったら、ぼくがこれまでブログで書くのをためらってたくらい、それでいて世の男子学生の7割がもっていない(みつしろ調べ)。つまり、これができる

「バブル世代」って、ざっくりと言うとアラフィフの人たち。バブルの時期に社会人になった48~53歳くらいの世代で、社会人としてはだいたい30年選手の人たちです。バブル世代の人たちって、こんな人たちです。「仕事ができないくせに、物事の見方が楽観的すぎる」パワハラも

先日、三田紀房の『インベスターZ』のKindle版が、1冊5円(19巻分!)で売ってたので、それを読みながらちょいちょい考えていたのですが、就活だろうが仕事をしていようが、なんなら就活そのものにはまだ関係ない下回生の学生であっても、「これを意識し続けることが大事なん

きのうの猿組発起会の資料、実はあと1枚あります。猿組は「社会を(で)楽しむ力」を磨いていこうといってるけれど、「じゃあ、社会を(で)楽しむ力ってなんやねん」という話でもあります。社会で必要とされる力というと、一般的にはリーダーシップだとか論理的思考力だとか
『就活するなら磨いておこう、「4つの力」。』の画像

かねてから考えていた団体(サークル?)のようなものを立ち上げて、動いています。というのも、就活を終えた4回生がこれから社会に出ていく上で、学生のうちに楽しみながらできることをやっておきたい。そして、1~3回生でそれなりに大学生活を楽しんでいる人たちにも、「ち
『就活するヒマがあるなら、シノギを立てよう。』の画像

「セルアウト」というのは、ロックやHIPHOPなんかのジャンルで使われる言葉で、ゆ~たら「自分のポリシーや方針を捨てて、金銭的な成功を求めて“売れ線”に走る」というような意味。猿基地をはじめた9年前、ぼくは「テレビや雑誌で広告的な露出はしないゾ」と考えていて、実
『はじめてのセルアウト。』の画像

いや、別にポエムを書こうってことじゃありません。普段ぼくがブログを書いているときに考えているのは、学生や社会人もしくは前職の人も含めて、すでに面識のある人たちのこと。「こういうことで悩んでたりしないかなぁ」とか「この間、あの人と猿基地でこんな話をしたから
『「就活ゲーム」の取扱説明書。』の画像

これまでずっと「言葉の練習をしよう」と言ってきて、「そのために“ぼうけんの書”を書こう」と言い、「そこでは4本の矢を使ってみよう」と言ってきました。ひとつのコアから、「なんで?」、「たとえば?」、「ホントに?」、「だから?」の4つの問いかけ。それを繰り返す

きのうの記事で「幸福実現党の政策はアリ」とか書いちゃったので、「もしやみつしろ、幸福の科学信者なのか」とか思われちゃったら具合が悪いのと、「じゃあ、お前はどんな国になったらいいと思てんねん」という点について考え方を書いてみようかと思います。とりあえず今回

TwitterやFacebookでこういうのがありました。 【1分でできる!政党の選び方】衆院選において初の #18歳選挙権若者の投票率をあげたいんです!全国の学校に無料で出張授業を届けたいです。拡散下さい!https://t.co/E16MSnnBXlhttps://t.co/kz6ka0H8lt#笑下村塾 #クロス pic.

マズローさんの欲求5段階説ってのがあります。ご存知の方も多いかと思いますが、マズローさんが言ってるのは、人間の欲求は5段階になっていて、下層の欲求が満たされることで上位の欲求を指向するようになるね、という説です。最下層は生理的欲求であり、最上位となるのが自

ぼくの人生における決めごと、といったら大げさなんですが、65歳になるまではゴルフと映画に手を出さないことに決めています。猿基地の卒業生でも社会人になってゴルフを始める人もいて、楽しそうだなとは思います。そりゃこれだけの人たちがハマってるんだから、そりゃ面白

イシグロさんがノーベル文学賞を受賞しました。んで、巷では「長崎出身で、日本人の両親から生まれた」「とはゆ~ても、英国籍なんだから日本人じゃない」「日本の受賞者としてカウントだよね」「いや、それは違うだろ~よ」「本人が日本からの影響を口にしているやん」「っ

ブログの記事数も気づけば800本を超えていて、かつ就活ゲームの理論も日々進化をしているわけで、最近読みはじめてくれた人にはどこに何が書いてあって、どれが古くて最新版はどれやね~ん的な状態にもなっちゃってる。まあ、現状のところは『内定力』が最新ではありつつも、
『読者からの質問・相談コーナー。』の画像

新しく趣味を始めるのでも、知らない分野のお勉強をしてみるのでも、ふと「これってどうなの?」を考えるのでも、何かしら新しいことに触れてみようと思ったとき、「どこから手をつけたらいいの?」と思っちゃう。それこそ未知の分野だし、なんだかいろんなことを知っておき

↑このページのトップヘ